アレシン、その後の容体

2014年08月30日

その後のインディカーのリリースによると、
インディカーメディカルコンサルタントのテリー・トラメル先生の話では、アレシンはローマ・リンダ大学メディアディカルセンターで精密検査を受けました。その診断の結果、ろっ骨の骨折、鎖骨の骨折、脳震盪、胸部の負傷ということです。

アレシンがクラッシュで負傷

2014年08月30日

 

ファイナルプラクティスでミカイル・アレシンがクラッシュし、病院へ搬送されました。日本時間正午過ぎでの公式リリースが出されました。

インディカーシリーズの医療コンサルタントであるDr.テリー・トラメルによると、アレシンはスピードウェイ近くのローマリンダ大学医療センターに搬送され、意識はあるものの右肩と右足の痛みを訴えているということです。

アレシンは予選ではオーバルベストとなる8位を記録していましたが、決勝レースは欠場となるでしょう。

このクラッシュに巻き込まれた他のドライバーはスピードウェイ内のケアセンターで診断を受けて、明日のレース出走が許可されています。

予選終了。面白いことになってまいりました。

2014年08月30日



予選が終わってポイント2位のエリオ・カストロネベスがポールポジションを獲得。ポイントリーダーのウィル・パワーは予選21位と最後列スタートになってしまいました。

佐藤琢磨選手は2列目インサイドとなる予選4位。
午前中のプラクティスではメカニカルグリップを追求しすぎて空力バランスが悪化してしまったとのこと。予選は苦戦することが予想されましたが、予選トリムに関しては大幅な変更を施してそれが功を奏したようです。予選の好結果にかなり機嫌がよさそうですね。インタビューも長いです。
これは面白いことになってまいりました。


天野さんが琢磨選手にインタビューしている様子を
後ろでスマホで撮影している人がいますね。

ヒューストンGPがカレンダー落ち

2014年08月30日



すでに一部報道にあたっ通り、2015年シーズンはヒューストングランプリの開催はないことが正式に発表されました。ヒューストンでは2013年から2年間ダブルヘッダーレースを開催し、今年はターン1のバンプ部分をなどを再舗装しなおすなどコース回収をしていましたが、2015年関してはヒューストン側が
開催可能とするスケジュールとシリーズスケジュールが合わなかったということです。