ローカルイエローとフルコースイエロー

2014年10月05日

インディカーシリーズでは、一部のコースを除いてはスポッターを立てることはありません。その代わりにコース上に障害物などがある場合にはレースコントロールが無線で直ちに一斉通知します。

「ローカルイエロー、ターン4、ドライバーズライト(ターン4の走行ライン右側に停止車両あり)」とか、
「ローカルイエロー、ターン2、ドライバーズレフト(ターン2の走行ライン左側に停止車両あり)」などと一斉通知があり、チームはこのレースコントロール無線を傍受する義務があります。ドライバーがこれを直接聞くことはありませんが、チームは直ちにドライバーへ情報を伝えます。

ランオフエリアがないオーバルやストリートはもちろん、ランオフエリアがあるパーマネントコースでも、緊急車両のコースインや停止車両排除作業が行われるときには必ずフルコースイエローになります。これは作業を行うコースマーシャルらの安全を確保するためです。

ローカルイエローからフルコースイエローの切り替え時にも必ずレースコントロールが無線で一斉通知します。