ヒンチクリフがシュミットピーターソンと契約

2014年10月08日



これまでの3年間をアンドレッティオートスポーツから参戦してきたジェイムス・ヒンチクリフが現地10月7日にシュミットピーターソンモータースポーツと複数年契約したことを発表しました。カーナンバーは#77でスポンサーはインディアナポリスの地ビール製造メーカー Flat 12 Bierworksとなります。

先の9月29日にシュミットピーターソンに3年間在籍してきたSパジェノーがチームペンスキーに移籍したことによって#77は空席となっていました。

ヒンチクリフはコメントでシュミットピーターソンが2014シーズンに2勝を挙げて他表彰台3回、TOP5フィニッシュ5回を記録していて非常に戦闘力が高いチームであるとともにこれからもさらに成長の伸びしろがあるチームであると意気込みを語っています。

この12月で28歳になるカナダ人のヒンチクリフですが、2009年にはサムシュミットからインディライツに参戦してランキング5位になっています。

その後は引き続きサムシュミットからインディカーにデビューすると思われていましたが、ルイ―キーイヤーの2011年はニューマンハースから参戦して3回のTOP5フィニッシュを記録してルーキーオブザイヤーを獲得。2012年はダニカ・パトリックのNASCAR移籍に伴って空席となったアンドレッティに移籍して2013年シーズンには3勝を挙げています。この2シーズンはともにランキング8位でした。

今シーズンはミッドオハイオでの3位がベストリザルトで、他に3回のTOP5フィニッシュ、5レースでトータル75周をラップリードしてランキングは12位に終わっています。

ヒンチクリフはこのオフシーズンでも新型のホンダ製エアロパーツ開発の中心となっていくことが期待されていますが、気になるのはそのチームメイト。ロシアのミカイル・アレシンは現在ロシアでリハビリ中ですが、シュミットピーターソンでの2年目を望んでいます。

一方でヒンチクリフの抜けたアンドレッティオートスポーツですが、2015シーズンに向けては、すでに2012年シリーズチャンピオンのRハンターレイと契約を結んだほか、Mアンドレッティ、Cムニョスとも契約を更新しています。そして気になる4台目ですが、GP2に参戦していたダニエル・アブトを10月27日にバーバーモータースポーツパークでテストすることになっています。