グラハム・レイホールが婚約

2014年11月28日



グラハム・レイホールが27日にNHRAドラッグレーシシングでファニーカーをドライブするコートニー・フォースとの婚約を発表しました。コートニー・フォースはNHRAファニーカークラスで16回もチャンピオンになっているジョン・フォースの末娘で2012年シーズンよりトップカテゴリーのひとつであるファニーカークラスに参戦しています。

ファニーカーはニトロメタンを燃料とするV8、8200㏄、スーパーチャージャーつきエンジンは6000馬力を発生。4分の1マイル(約402m)を4秒強で駆け抜け、トップスピードは時速500キロを超えます。

コートニーは今年のソノマGPでレイホールの応援に駆け付け、その様子が生中継でも放送されています。

ダリオ・フランキッティ、大英帝国勲章を授かる

2014年11月27日



インディカーシリーズで4回チャンピオンとなりインディ500で3勝をあげ、2013シーズンで現役引退したダリオ・フランキッティはこれまでのモータースポーツでの活躍が評価されて、11月25日にバッキンガム宮殿でケンブリッジ公ウィリアム王子より大英帝国MBE勲章を授かりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%8B%B1%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E5%8B%B2%E7%AB%A0

これまでモータースポーツ界で同勲章を受章したのはコリン・マクレー、ルイス・ハミルトン、ジェンソン・バトンがいます。

AJフォイト、バイパス手術後の合併症から回復

2014年11月27日

111月12日に心臓のパイパス出術受けたAJフォイトは術後に合併症を発症して入院を続けていましたが、その合併症も回復しているとのこと。しかし、しばらく入院は続く見込みです。

みんなが(独断で)選ぶ2014シーズン名シーン ④

2014年11月25日

べるがーさんが選んだ
トロントでのペースカーのスピン



ペースカードライバーはインディ500で2勝しているアーリー・ライエンダイク。アーリーはインディ予選の最速スピードホルダーでもあります。

このペースカーのスピンもあってレーススタートはさらに遠いものとなってしまいました。ここから先が我々にとって長い戦いとなりました。

1周もせずにレースが翌日順延になったのは、2010年の第2戦セントピーターズバーグいらいです。この時は現地取材に行っていたのですが、サンダーストーム警報が出て観客に避難指示が出されてレースが月曜日に順延されました。

私は決勝レースを1周も見ることなく、月曜日の飛行機で帰国の途に就きました。

みんなが(独断で)選ぶ2014シーズン名シーン ③

2014年11月22日

志紀さん、にっちさん、まささんが選んだのは
Jim Nabors最後のBack Home Again in Indiana


伝統のインディ500ではレーススタート直線まで様々なセレモニーイベントが行われますが、スタートコマンド直前に行われるのがジム・ネイバーズによる「バックホームアゲインインインディアナ」の独唱でした。

83歳になったネイバーズはこれまでに35回もこの歌を熱唱してきました。
http://www.youtube.com/watch?v=DGveH1iBDHs&feature=youtu.be

ネイバーズのビブラートでこの歌が終わるとともに数十万の風船が打ち上げられて場内の興奮が最高潮となり、一気に場内が静まり返ってスタートコマンドへ、そして33台エンジン音が一斉に響き渡るという現場の音のメリハリは本当に美しい響きでした。

来年はだれが歌うのかはまだ発表されていませんが、楽しみですね。

歌詞は以下の通りです。

Back home again in Indiana,
And it seems that I can see
The gleaming candle light, still shining (burning) bright,
Through the Sycamores for me.

The new-mown hay sends all (out) its fragnance
from (through) the fields I used to roam.
When I dream about the moonlight on the Wabash
Then (How) I long for my Indiana home.

歌い手によって歌詞に多少の違いがあり
Jネイバースは太字部分をカッコ内の言葉に変えて歌っています。