ロードストリートでのプッシュトゥパス(P2P)ルール

2014年12月03日



2015シーズンでのロードストリートでのP2Pのルールが決定しました。

P2Pはよりパッシングシーンを多くすることを目的としたもので、ターボブースト圧の増加とエンジンの200回転アップで約50馬力のアドバンテージを与えるシステムですが、2015シーズンはすべてのロードストリートで10回使用できることになりました。

1回あたりの発動時間は、ルイジアナ、ロングビーチ、アラバマ、インディアナポリス、トロント、ミッドオハイオで20秒間。ブラジリア、セントピーターズバーグ、デトロイト、ソノマは15秒間となります。