AJへの変わった誕生日プレゼント

2015年01月17日



1月16日に80回目の誕生日を迎えたアメリカでもっとも偉大なレーシングドライバーであるAJフォイト。
テキサスモータースピードウェイ支配人のエディ・ゴセージはAJへの最高の誕生日プレゼントを見つけました。

AJが未だに返還せずに持ち続けている1997年の優勝トロフィーに、”80歳の誕生日おめでとう!いつも元気に戦い続けてください”とネームプレートを添えてそのままプレゼントすることにしました。

遡ること1997年。テキサスモータースピードウェイでの初レース(インディカー初めてのナイトレース)を制したのは地元テキサスのAJフォイト率いる同じくテキサス出身のビリー・ボート。テキサス一色に沸くビクトリーレーンに物言いに来たのは3位でチェッカーフラッグを受けたアーリー・ライエンダイク。

自分こそが勝者だと文句を言いに来たアーリーに一撃を繰り出したのはAJフォイトで、そのあとは大騒ぎになりました。



レース順位を精査した結果、途中のイエロー中に事故処理の関係でピットスルーした時にアーリーは1周減算されたままでレースが続行されていたことが発覚したのでした。後日レース結果は修正されてアーリーが優勝となったのですが、それに納得しなかったAJフォイトは優勝トロフィーの返還を拒否して今日まで至っていたというわけです。

ライエンダイクには代わりのトロフィーが贈られましたが、ゴセージはAJに会うたびに返還を要求してきたものの、拒否され続けて、ついに今回で折れたカタチになりました。

さらにAJにはこの1月20日からテキサス州知事に就任するグレッグ・アボット氏からお祝いの電話がありました。

さて、今年のテキサスでのレースは6月6日にナイトレースで開催されますが、ぜひともAJにはビクトリーレーンに戻ってきてほしいですね。