ディクソン、カナーン組がデイトナ24時間レースで優勝

2015年01月26日



この週末に行われたデイトナ24時間レースでインディカードライバーが総合優勝とルマンGTクラスで優勝するなど大活躍しました。

チップガナッシwithフェリックスサバティスからデイトナプロトクラスに参戦したSディクソン、Tカナーン、Kラーソン、Jマクマーレイ組が総合優勝し、Sディクソンにとっては2006年以来2勝目、Tカナーンにとっては初優勝となりました。

これで、インディカードライバーを要するチームが10年連続で総合優勝することになりました。そのほかではルマンGTクラスでRブリスコー参加チームが優勝し。Sパジェノー参加チームが2位。プロトタイプクラス2位にSブルデイ組。プロトタイプチャレンジクラスでMプローマン組が2位フィニッシュして表彰台に乗っています。

インディカードライバー参戦組のレース結果は以下の通りです。
Prototype (Class Position):
1. Scott Dixon/Tony Kanaan –
No. 02 Target/Ford EcoBoost Riley, Chip Ganassi Racing with Felix Sabates
2. Sebastien Bourdais –
No. 5 Corvette DP, Action Express Racing
7. Sage Karam/Charlie Kimball –
No. 01 Ford EcoBoost/Target Riley, Chip Ganassi Racing with Felix Sabates
10. Ryan Hunter-Reay – No. 7 Riley DP, Starworks Motorsport
13. James Hinchcliffe – No. 70 Mazda, SpeedSource

Prototype Challenge (Class Position):
2/6. Martin Plowman – No. 16/61 ORECA FLM09, BAR1 Motorsports
5. Jack Hawksworth – No. 11 ORECA FLM09, RSR Racing

GT Le Mans (Class Position):
1.Ryan Briscoe – No. 3 Chevrolet Corvette C7.R, Corvette Racing
3. Simon Pagenaud – No. 4 Chevrolet Corvette C7.R, Corvette Racing
4. Graham Rahal – No. 24 BMW Z4 GTE, BMW Team RLL

GT Daytona (Class Position):
6. Townsend Bell – No. 63 Ferrari 458 Italia, Scuderia Corsa
13. James Davison – No. 007 Aston Martin V12 Vantage, TRG-AMG