新型エアロキットの改造範囲

2015年04月04日

開幕戦で実戦デビューを果たした新型エアロキットですが、下の図の範囲の中で自由に設計することができます。ただし、すべてのダウンフォースは2014ダラーラと比較してさいっだ25%増まで。新型エアロキットの総額は最大75,000ドルの制限があります。

ロードストリート/ショートオーバル用

フロントウイングのメインプレーン(主翼)はダラーラのワンメイクとなります。

スーパースピードウェイ用

リアホイールガードはダラーラのワンメイクですが、フロントウイングは完全にフリーになっています。ホンダのエアロはスーパースピードウェイ重視でロードストリート用は”かなり妥協している”とのことですがどのようなものになるのかが楽しみです。

スーパースピードウェイ用新型エアロパーツは4月1日に各チームに供給されます。