インディGP アナリシス

2015年05月10日


4周目のリスタート以降はノーコーションだったので作戦的の選択の幅が狭まってしまいましたが、結果的にはリーダー6人、リードチェンジ11回、順位変動は延べ192回でした。

琢磨選手は結果的に後方グリッドからのスタートだった結果、スタート直後のアクシデントに巻き込まれずにすんだ形になり、81周目に1分11秒5082の自己ベストラップを記録しての9位フィニッシュ。
欲を言えばレース終盤にTKとのバトルになるかと期待していましたが、ホンダ勢では2番目となるシングルフィニッシュはいい感じでおじいちゃんを現場にお迎えできるのではないでしょうか?

これで来週のインディ500予選への勢いがつけば楽しみです。

すいません。最初のスティントのフューエルウインドウを単純に10周分勘違いしてました。

今回は2時間30分の生放送でした。?番組の最短時間記録かな?