7人のインディライツドライバーがインディカーをテスト

2015年08月06日



8月13日にソノマレースウェイで7人のインディライツドライバーがインディカーをテストします。このなかには現在ポイントTOP3の三人とトロント戦でチルトンに代わって参戦したネルソン・ピケJr.も含まれています。

7人のドライバーと参加チームは以下の通りです。

• Andretti Autosport – Marco Andretti (Matthew Brabham)
• Chip Ganassi Racing Teams – Scott Dixon (Sean Rayhall)
• KVSH Racing – Sebastien Bourdais (Ryan Phinny)
• Rahal Letterman Lanigan Racing – Graham Rahal (Ed Jones)
• Schmidt Peterson Motorsports – Ryan Briscoe (Jack Harvey)
• Team Penske – Juan Pablo Montoya, Will Power (Spencer Pigot, Nelson Piquet Jr.)

インディカーシリーズ2015ルールブックでは「Rule 6.2.3にチームはインディライツドライバーのテストを2日間行うことができるとし、その際にはインディカードライバーの走行時間は全セッションの50%までとする」と定められています。

ピケジュニアの動向には注目したいですね。

アレシンが最終戦復帰を狙ってテストに参加

2015年08月06日



28歳のロシア人のミカイル・アレシンがテストに参加します。
シーズン最終戦のソノマでのレース参戦のために8月10日でソノマで行われる合同テストでSPMでリフレッシャープログラムを受けるのが目的です。

昨シーズン、アレシンはシュミットピーターソンモータースポーツ(SPM)からフル参戦しながらも最終戦のフォンタナでファイナルプラクティス中にクラッシュして脳震盪を起こし、欠場を余儀なくされました。16戦に参戦して最高位はヒューストンレース2での2位でした。

今年はヨーロピアンルマンシリーズのLMP2クラスに参戦していましたが、来シーズンはインディカーへの復帰を狙っています。

昨年のソノマ戦では予選12位から7位フィニッシュ。シーズン16レースで7回のトップ10フィニッシュを記録しています。

去年のヒューストンレース1では周回遅れながらも佐藤琢磨選手と接触してともにDNFに終わり、「コンウェイが悪い・・・・」と発言して2014シーズンの流行語大賞を僅差で取り逃したのは記憶に新しいところです
http://blog.gaora.co.jp/indy/2014/09/11206

ミッドオハイオ戦でのペナルティ

2015年08月06日



インディカーは8月2日にミッドオハイオで行われたレースのペナルティを発表しました。

ロドルフォ・ゴンザレスにピットストップでの燃料補給中にヘルメットバイザーを挙げていたとして500ドルの罰金。

デイルコインレーシング(カーナンバー19)にピット作業中にナットをピットレーン内に転がしたとして500ドルの罰金。

シボレーにカーナンバー67が規定マイルに達したとしてマニュファクチュアラーポイントに10点の追加ポイント。

シボレーにカーナンバー9、20,22が規定マイルにエンジン交換したとしてマニュファクチュアラーポイントから60点の減産。

シボレーにカーナンバー3が規定マイルに達したとしてマニュファクチュアラーポイントに10点の追加。

これでマニュファクチュアラーポイントはシボレーが1309点、ホンダが1029点となりました。

セイジ・カラムのスピンはノーペナルティと判定されました。