最終戦を大いに盛り上げたWポイントシステム

2015年08月31日



ドラマチックなレース展開で同点でチャンピオンタイトルが決まるなんて誰が想像したでしょうか?見ごたえのある素晴らしい最終戦でした。

この最終戦を500マイルレース同等の過酷で価値あるレースに演出したのはダブルポイントシステムでしょう。

この最終戦でのWポイントに異議を唱える人もいます。たしかに、ソノマGPが最終戦ではなくシリーズの通過点の一つであればWポイントはふさわしくないと思いますが、諸事情で最終戦となったソノマGPをより盛り上げるためにはWポイントシステムは大いに機能したと思います。

TVのクイズ番組に例える声もありますが、正解者だけが大量点数をもらえるそれとは違って、インディカーレースでは2位や3位の他にも全員にWポイントがつきます。シーズン開幕前からそれは決定していたことでした。

逆にポイントリードしていたJモントーヤからしてみれば、レースをリードしていればこのWポイントシステムは大きなアドバンテージになっていたはずで、結果的にモントーヤを応援していた人から見れば”最後にディクソンずるーい”と見えるのかもしれません。

Jモントーヤにしても”あの追突”がなければ、余裕でディクソンが見える位置(5位以内)でフィニッシュできたはずで、自らチャンスをつぶしたとしか言いようがありません。

しかしまあ、チェッカーの瞬間まで手に汗握る最高の最終戦、チャンピオン争いになったことは誰もが認めるところでしょう。

4時間9分の生放送でした。

視聴者プレゼントのおしらせ

2015年08月31日



番組最後にご紹介した視聴者プレゼントは、小倉さんがこの日に鈴鹿サーキットで購入された1967年コヨーテフォイトのダイキャストモデルです。

抽選で御一人様に”おまけつき”でお送りしますが、応募受付はただ今準備中です。

準備が整い次第改めてお知らせいたします。

おまけはこちらです。

Jウィルソン追悼

2015年08月31日



番組冒頭でJウィルソンのキャリアを振り返ります。
プレレースセレモニーでも1分間の黙とうが予定されています。