松浦孝亮先生のレース界の七不思議①

2015年10月02日

「ウェットコンディションはドライコンディションの大体10秒落ち」

開幕戦からいろいろと映像素材をまとめる作業をしているのですが、第2戦ルイジアナGPの実況の中で「レース界の7不思議」について触れられていました。その一つ目。

確かに不思議なことで、どのレースカテゴリーでもどのレーストラックでもウェットコンディションだとラップタイムはドライコンディションのだいたい10秒落ちになります。

レースカーやコースの長さが違ってもだいたい当てはまります。

なので、10秒落ちかどうかがレインタイヤにするかどうかの判断の指針になります。

【速報】カルガリーでインディカー開催の動き

2015年10月02日

シュミットピーターソンモータースポーツの共同オーナー、リック・ピーターソンによると、同氏の出身地であるカナダのカルガリーにおいて2017年9月開催を目標にインディカーレース開催の話が進んでいるとのこと。

ニューガーデンがCFHレーシングに残留

2015年10月02日



今季2勝を挙げた他、2回表彰台に乗っているジョセフ・ニューガーデンが2016年シーズンもCFHレーシングから参戦することが決定しました。

テネシー州ヘンダーソンビル出身で24歳のニューガーデンは2011年にインディライツでチャンピオンとなり、インディカー参戦4年目となる今シーズンのバーバーで初優勝しトロントで2勝目を挙げました。

ミルウォーキーではキャリア初のポールポジションを獲得。シーズンラスト5レースではアイオワとポコノで2位フィニッシュし、ラスト7レース中5レースでラップリード。シーズン16レースでは345周の最多ラップリード(ディクソンは306周)となっています。

この契約成立でサラ・フィッシャーもエド・カーペンターもほっとしていることでしょう。