目で見るハンドリングバランス

2015年10月03日

カナーンのマシンの挙動

アラバマGPスタート直後のTカナーンのマシンを後ろから見ています。
タイヤが冷えているので、左に引っ張ろうとする遠心力に対して何とかマシンが路面に留まっているさまがよくわかります。

その時のドライバーのステアリングさばきはこんな感じです。
ステアリングさばき

ドライバーは常に自分のマシンとも戦っています。

NBCSNに騙されて① アラバマGP編

2015年10月03日

プリレースの内容に関しては、いつも放送開始の3時間くらい前にアメリカの放送局から進行表が送られてきます。


これをもとにGAORA用の進行表を作ります。


スタートコマンドはNBCSNの進行表によると(黄色の部分)アラバマ州出身のプロボクサーで、WBCヘビー級世界チャンピオンのディオンテー・ワイルダー氏となっています。2008年北京五輪銅メダルで、33勝の現役ボクサーです。

しかし、いざ本番で出てきたのはこの方でした。

明らかに現役のボクサーには見えません・・・・・。

油断していましたが、現地のPAアナウンスでは地元バーミンガム市の市長だと紹介されていました。たまたまコメンタリーの小倉さんが聞き逃さなかったのでうまくフォローできましたが、全然違う人がたまに出てくるので村田さんがあわてる時があります。

どうも、イベントオペレーションが急きょ変更してしまうことも多くて、indycarのメディアスタッフやNBCSNに知らされないこともたまにあるのです。

確かテキサスでもいきなり女性が3人も出てきて把握するのに苦労しました。

みんなが(独断で)選ぶ2015シーズン名シーン

2015年10月03日

ということで、オフシーズン企画第2弾です。

2015シーズン、
全16レースの中での皆さんの印象に残ったシーンを教えてください。

スマホ、タブレットなどのモバイル端末からこのブログにアクセスし
コメント欄に書き込んでください。

そのシーンをキャプチャーしてみんなで振り返ります。
番組内でしたらレース中に限らなくても結構です。
しばらくの間募集します。
みなさまからの書き込みおまちしております。

松浦孝亮先生のレース界の七不思議②

2015年10月03日

「ドライでもウェットでもハンドリングバランスはあまり変わらない」

要は基本的にバランスが決まっていないとウェットでもバランスは決まらないということだそうです。

たとえば急に雨が降り出して路面状況が一変したとしてももともと速かったレースカーは速く、そうでなかったレースカーがいきなり速くなるようなことはないということです。

ちなみに、今シーズン話題になったのは7不思議のうちの2つだけでした。残りの5つは来シーズンに期待しましょう。