インディカー用語「ハーフシャフト」

2015年10月09日



俗にいう「ドライブシャフト」で、トランスミッションの回転を最終的にタイヤへ伝えるパイプ状の部品のことです。インディカーでは「ハーフシャフト」と呼びます。

ハーフシャフトは左右に1本ずつあって、それぞれが等速ジョイント(CVジョイント)でトランスミッション側とアップライト(ホイールハブ)に接続されていて、路面の凹凸に応じて滑らかに動きながらエンジンパワーをホイールに伝えています。

一昔前のリジッドで左右がつながった1本物のドライブシャフトではなく、このように左右に半分に分割された形のようになっているので「ハーフシャフト」と呼ばれています。





三海通GET! 次は一陸技か?