みんなが(独断で)選ぶ2015シーズン名シーン②

2015年10月23日

「村田さんのファン」さんが選んだインディ500での琢磨選手の3周遅れからの追い上げ。

その追い上げの模様はこちらにまとめました。
http://blog.gaora.co.jp/indy/2015/05/13613

追い上げにつながったポイントは2つ。
まずはサスペンションパーツに大きなダメージがなかったこと。


接触によって破損したのはステアリングロッドのアップライト側のロッドエンドがボッキリ折れただけで、Aアームやプルロッドは無事でした。

そのために、サスペンションジオメトリーに変化はなくハンドリングバランスに影響が出ませんでした。

その結果、素早くピットに戻れてステアリングロッドを交換するだけでレースに復帰することができました。

復帰後のペースも悪くなく、リスタート直後のこのウォールスレスレからのパッシングにはしびれました。


さらには、去年と違ってコーションが多かったのでラップバックのチャンスが何度も廻ってきました。これはだいぶツイていました。

レース終盤のこのクラッシュもうまく避けられてラッキーでした。去年は同じような状況でパーツを拾ってシングルポジションから失速してしまいましたから。


ただ、このコーションでピットインしてタイヤ交換していれば、あと3ポジションくらいは上がったような気がします。スポッターのロジャーもそこでピットインしなかったのは「最大の謎だ」と言っていましたから。