発表!2016スケジュール

2015年10月27日

March 13 Streets of St. Petersburg ABC 12:30 p.m.
April 2 Phoenix International Raceway NBCSN 8 p.m.
April 17 Streets of Long Beach NBCSN 4 p.m.
April 24 Barber Motorsports Park NBCSN 3 p.m.
May 14 Grand Prix of Indianapolis ABC 3:30 p.m.
May 29 Indianapolis 500 ABC 11 a.m.
June 4 Raceway at Belle Isle Park ABC 3:30 p.m.
June 5 Raceway at Belle Isle Park ABC 3:30 p.m.
June 11 Texas Motor Speedway NBCSN 8 p.m.
June 26 Road America NBCSN 12:30 p.m.
July 10 Iowa Speedway NBCSN 5 p.m.
July 17 Streets of Toronto NBCSN 3 p.m.
July 31 Mid-Ohio Sports Car Course NBCSN 2 p.m.
Aug. 21 Pocono Raceway NBCSN 3 p.m.
Sept. 4 Streets of Boston NBCSN 2 p.m.
Sept. 18 Sonoma Raceway NBCSN 7 p.m.
放送時刻はいずれも米東部時間
https://youtu.be/712QpsM98pU

2015年と比較してフェニックス、ロードアメリカ、ボストンがカレンダー入りし、ルイジアナ、フォンタナ、ミルウォーキーがカレンダー落ちしています。

開幕は去年よりも2週間早まり、最終戦は3週間遅くなり、シーズンは5週間長くなります。

オーバル5レース、パーマネントコース5レース、ストリートレース6レースの全16レースとなっています。

2016スケジュールまもなく発表

2015年10月26日



2016シーズンスケジュールは間もなく発表。
「INDYCAR NATION」登録者は一足早くスケジュールが見られます。
http://www.indycar.com/News/2015/10/10-26-PreSchedule-Registration

みんなが(独断で)選ぶ2015シーズン名シーン③

2015年10月26日

ktgさんが選んだ、フォンタナで行われたMAVTV500中盤
「グレアムのオンボードでパワー・カナーンとの3ワイドを捉えてたシーン」。


なんと、インサイドからするすると姿を現してラップリードを奪ったのは佐藤琢磨選手でした。


この走りを「日本刀の切れ味」と評したのは
この時の実況担当だったレーサー鹿島さん。


鹿島さん本人も次のオファーに向けてやる気満々です。

みんなが(独断で)選ぶ2015シーズン名シーン②

2015年10月23日

「村田さんのファン」さんが選んだインディ500での琢磨選手の3周遅れからの追い上げ。

その追い上げの模様はこちらにまとめました。
http://blog.gaora.co.jp/indy/2015/05/13613

追い上げにつながったポイントは2つ。
まずはサスペンションパーツに大きなダメージがなかったこと。


接触によって破損したのはステアリングロッドのアップライト側のロッドエンドがボッキリ折れただけで、Aアームやプルロッドは無事でした。

そのために、サスペンションジオメトリーに変化はなくハンドリングバランスに影響が出ませんでした。

その結果、素早くピットに戻れてステアリングロッドを交換するだけでレースに復帰することができました。

復帰後のペースも悪くなく、リスタート直後のこのウォールスレスレからのパッシングにはしびれました。


さらには、去年と違ってコーションが多かったのでラップバックのチャンスが何度も廻ってきました。これはだいぶツイていました。

レース終盤のこのクラッシュもうまく避けられてラッキーでした。去年は同じような状況でパーツを拾ってシングルポジションから失速してしまいましたから。


ただ、このコーションでピットインしてタイヤ交換していれば、あと3ポジションくらいは上がったような気がします。スポッターのロジャーもそこでピットインしなかったのは「最大の謎だ」と言っていましたから。

ピゴットがレイホールからインディカーデビュー

2015年10月21日



2015インディライツチャンピオンのスペンサー・ピゴットがレイホールレターマンラニガンレーシング(RLLR)からインディカーシリーズにデビューすることが決定しました。

22歳のアメリカ人、ピゴットは2015シーズンはインディライツシリーズで6勝を挙げてシリーズチャンピオンとなり、シリーズスポンサーであるマツダから100万ドルの奨学金が送られています。

現時点ではピゴットのメインスポンサーは未定で、開幕戦セントピーターズバーグ、インディGP、インディ500の3レースに参戦することが決まっています。