【続報】2016ホンダエアロに救済措置

2015年11月05日



現地11月4日午前10時にインディカーCEOのマーク・マイルズ氏の記者会見が行われ、シボレーとの性能差を埋めるために2016年ホンダエアロパーツに救済措置が取られることが発表されました。

エアロキットレギュレーションの9.3にエアロキットの競争力が十分ではないとインディカーが認めたときは、パーツサプライヤーにエアロキットの修正を認めることがある。ただし、修正されたエアロパーツはすべてのパーツサプライヤーの承認を得なければならない。とあります。

インディカーはノースカロライナ州にあるウインドシア社の実物大風洞実験装置にGレイホールとSディクソンのロードストリート用レースカーを持ち込んで、数日間のテストを行った結果、今回のエアロキットレギュレーション9.3を適用することを決定しました。

今後の予定としては11月7日からホンダがロードストリートエアロを風洞実験装置に持ち込んでテストを行いデータ解析します。その後シボレーと協議を持ち、改良できるパーツとどこまで改良できるかを決定します。

今回のパーツ改良はあくまでも2015年型シボレーエアロパーツとの性能差を縮めることが目的で、性能差が逆転することは認められていません。

ちなみにスーパースピードウェイ用のエアロキットに関しては、風洞実験の結果、著しい性能差はないとして調整の必要はないという結論に達しています。

2016シーズンにはホンダ、シボレーともに3か所のエリアでのエアロパーツのモディファイがレギュレーションで許されていいます。

ホンダは風洞実験後にエアロの試作品を作り、11月18日にフェニックスインターナショナルレースウェイ(PIR)でアンドレッティとシュミットピーターソンの2チームとともにテストを行う予定になっています。

2015シーズンを振り返ると、16レースすべてのレースでシボレーがポールポジションを獲得。16レース中シボレーが10勝。表彰台独占が6レースもあって、4年連続でマニュファクチュアラータイトルを決定しています。

【速報】2016ホンダエアロに救済措置

2015年11月05日



現地11月4日午前10時にインディカーCEOのマーク・マイルズ氏の記者会見が行われ、シボレーとの性能差を埋めるために2016年ホンダエアロパーツに救済措置が取られることが発表されました。

詳細はのちほど。