2016シーズンに向けて安全性を向上

2015年11月25日



インディカーは2016シーズンに向けて、安全性を向上させるためにより多くのエアロパーツにテザーを装着することにしました。

テザーはザイロン繊維の束でできている”紐”です。1999シーズン以来インディカーではタイヤのハブベアリングを収めるアップライトとシャシーをの間、リアウイングのメインプレーンとギアボックスの間にテザーが装着され、タイヤやリアウイングの飛散を防止していました。

2016シーズンからはリアのビームウイングとリアホイールガードはすべてのイベントでテザーが使用され
フロントノーズコーンに関してはスーパースピードウェイ(1.5マイル以上のオーバル)で使用が義務付けられます。

ダラーラはさらに2016シーズンに三ヵ所で行われるスーパースピードウェイイベント(インディ、テキサス、ポコノ)向けにフロントウイングのメインプレーン用のテザーも準備するとしています。

2016シーズンより採用されるそのほかの変更点は以下の通りです。

○アンダーボディの両サイドにドーム型スキッドプレートを装着し、レースカーがスピンして進行方向に対して横向きになったり後進するような場合に車体の浮揚を防止する。
→インディ予選やフォンタナ戦でのエアボーン事故を防ぎます。

○ECUによって燃料補給ホースがレースカー接続されている間にはニュートラルギアからはギアチェンジできないようにする装置を改良し、ニュートラルではないギアポジションで燃料補給ホースがレースカーに接続された時は強制的にエンジン回転数をアイドリング状態にして、レースカーの発進を防ぐ。
→フォンタナ戦でのレイホールのアクシデントのようなケースに有効に機能します。

○ECUの改良により、アクセルペダル、もしくはブレーキペダルが規定値以上の急激な動きを検知した場合にはただちにエンジンはアイドル回転数に落とす。
→クラッシュ時にドライバーの足が不意にペダル類にぶつかることがあるので、クラッシュを等を検知してレースカーの暴走を防ぎます。