第100回インディ500参戦を狙うステファン・ウィルソン

2016年01月29日



26歳の英国人、ステファン・ウィルソンは「アメリカン・ソーラーエネルギー協会(ASES)」のサポートを受けて第100回インディ500に挑戦することを発表しました。

ASESは国際ソーラーエネルギー協会のアメリカ国内の組織で自然エネルギーへの転換の啓蒙活動を行っています。
http://www.ases.org/

インディカーシリーズではピットのタイミングモニターなどの電源をソーラーパワーに置き換え、ソーラーエネルギーの有効性をアピールするとしています。

Sウィルソンはジャスティン・ウィルソンの弟で、2011年にインディライツシリーズで2勝してランキング3位に入り、2013年のボルティモア戦ではデイルコインレーシングからインディカーシリーズにスポット参戦しています。

CFHレーシングがエドカーペンターレーシングに

2016年01月29日



現地28日、CFHレーシングは2016シーズンはエドカーペンターレーシングとして活動することを発表しました。

ドライバーは#21ジョセフ・ニューガーデン、#20エド・カーペンター(オーバルのみ)の2人のままで変更はありません。

CFHレーシングは2014年にEカーペンターレーシングとSフィッシャーハートマンレーシングが合併して活動を開始し、2015年にはJニューガーデンが2勝を挙げた他、3回の表彰台とポールポジション1回を記録しています。

サラ・フィッシャーと組んでいたフランク・ハートマンは他の事業に専念することになり、チーム運営から離れますがフィッシャーはEカーペンターレーシングに残ることになります。

この提携解消に伴うドライバー変更はなく、#21はJニューガーデン、#20はEカーペンター(オーバルのみ)がドライブします。#20のロードストリートに関してはまだ決定していません。