2016年もよろしくお願いします!

2016年02月12日

7か月ぶりの更新です(汗)
昨年は初の実況も担当させて頂きましたレーサー鹿島です。
今季も間もなく開幕ですね。

こちらのBlogに2004年の懐かしい写真と記事がアップされていましたので私の番組連動Blogにも記事をアップしました。
http://okjapan.jp/blog/racerk/2016/02/11.shtml



お時間ありましたら是非!

このころのオーバルレース最高

2016年02月12日

http://www.indycar.com/Videos/2016/02/02-11-Classic-Rewind-Chicagoland-2002

2002年最終戦のシカゴランドインディ300がindycar.comでご覧になれます。
史上最僅少差でSホーニッシュJrが勝利しました。その差は0.0024秒。

ラスト2周でピットからSホーニッシュJrへ無線で
「もっとプッシュしろ!リードは1フィートしかないぞ」と、檄が飛んでいます。
シビレますね。

こういうレースの後って本当にしばらく興奮が収まらないんですよね。

カンザスやテキサス、シカゴで毎回このようなエキサイティングなレースになっていました。
もちろん、危険だなんだと反対する人はいませんでした。

こういうオーバルレースがもっと見たいですねえ。

11年前のフェニックス③決勝レース編

2016年02月12日

2005年の第2戦。
予選15位から好調な走りを見せたのは松浦孝亮選手。


開幕戦では8台をクラッシュさせる大アクシデントの引き金を引いて、ダニカ・パトリックのデビュー戦を台無しにしてしまい、さらには保護観察処分まで受けるという状況でしたが頑張りました。


レース中盤まではずっとトップ5につけていましたが、レース終盤でバランスを崩して10位まで後退しました。しかしながらいいレース内容でした。

当時のオープニングも懐かしいですね。


あれ?武藤君眉毛剃った??