ルーキーがテストを開始

2016年03月03日



ルーキーのスペンサー・ピゴットとアレクサンダー・ロッシの二人がフロリダ州のセブリングインターナショナルレースウェイで初テストを行いました。

F1からインディカーへスイッチしたロッシは「これまで乗ってきたレースカーに非常に近い。ダウンフォースも多めで乗っていて楽しい。テスト終盤には完全に乗りこなせるようになった。来週の開幕戦が楽しみです。」と語っている。

3月1日のテストではペンスキー勢の4人、KVSHのSブルデイ、チームメイトのMアンドレッティ、Rハンターレイ、Cムニョスも走行しています。

「テスト内容は順調で、2日目の午前中には他のドライバーと同じペースで走り、テストプログラムを順調にこなしてゆき、チームともかなりなじんできた」とAロッシは語っています。

一方でインディライツチャンピオンでインディカーでの走行経験があるのSピゴットはレイホールレターマンラニガンで走行するのは初めてで、レースカーを降りるとチームオーナー他二人のエンジニアとミーティングに時間を費やしていました。

2日間のテストは順調だったと語るピゴット。「レースカーとチームのやり方に慣れなければならないことがたくさんありましたが、チームがいい働きをしてくれたおかげで非常に順調にテストがいきました。まだピットストップやソフトタイヤでの走行など未知の部分がありますが、ここまで順調に行っています。」とコメントしています。