アンチロールバー

2016年04月11日


これがアンチロールバーです。前後のサスペンションにそれぞれ左右一対で装着されている板バネの一種です。

コクピットからはこれを回転させることによって、左右のサスペンションアームの動きの自由度を調節してコーナーリング中のロール量を調節します。

平たい面が上を向く(寝かせる)と板に力を加えても曲がりませんが、平たい面が前後方向を向く(立てる)と力が加わると曲がります。

レースカーがコーナーリングするときは遠心力で車体が傾き、アウトサイドの足は縮もうとして、インサイドの足は伸びようとします。この相反する動きの自由度を調節するのがアンチロールバーです。

アンチロールバーを寝かせるとアンチロールバーは力が加わっても曲がらなくなるのでロールしにくくなります。

アンチロールバーを立てると力が加わるとバーが曲がるのでロールしやすくなります。