エキサイティングなテキサスの復活なるか

2016年05月05日



5月3日にテキサスモータースピードウェイで行われたプライベートテストに5チーム15人のドライバーが参加しました。

6月にファイアストン600が開催されるテキサスモータースピードウェイは1996年に開場して以来20年間インディカーレースを開催してきています。

今回のテストはそのレースに関してのデータ収集を目的とし、ほとんどのテスト時間は単独走行や小集団での走行でのデータ収集に費やされ、ラスト2時間は集団走行でのテストが行われました。

集団走行では10台前後で集団を作り、あらゆるレーンでのパッシングや超接近したサイドバイサイドでのデータが収集されました。

今回の集団走行の目的は好評だったフォンタナでのレースのようなパフォーマンスにするためのデータ収集と思われます。期待したいですね。