第100回インディ500 3日目情報

2016年05月19日



【プラクティス3リザルト】

http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2016-05-18/indycar-results-p3.pdf
気温19度、湿度62%、路面温度28度。

【Rハンターレイがトップスピード】
1日目に続いて33台が出走。アンドレッティーオートスポーツがスピードを見せ、Rハンターレイの228.202 mphがトップスピード。シボレー勢での最速はWパワーの227.733mph。

【佐藤琢磨選手のコメント】
残念ながらちょっとした問題があって好天に恵まれながらも十分走りこむことができませんでした。しかし、走っただけの成果を得ることはできました。セッション終盤では大集団の中で走りましたがもう少しグリップが必要です。その点をもう少し改善しなければいけません。

【Sピゴットがクラッシュ】
ターン1でスピンしてクラッシュ。後ろ向きになるもののビームウイングフラップが有効に機能して離陸横転は免れる。メディカルセンターでのチェックはクリア。

【Mアレシン】
Jヒンチクリフが変わってシェイクダウンを担当。その後アレシンは67周を走行するものの5時5分にエンジンスモークで走行終了。

【Sカラムにゲスト】
NHRAドラッグレーストップカテゴリーに参戦する3人のドライバーがSカラムの所属するドレイヤーレインボールドキングダムレーシングのガレージを訪問。

【イルモアが通算300勝達成】
先週のインディGPでSパジェノーが優勝したことによりシボレーエンジンを供給するイルモアエンジニアリングは通算300勝目を記録しました。イルモアエンジニアリングはマリオ・イリエンとポール・モーガンがロジャー・ペンスキーと共に1983年にイギリスに設立。1987年のロングビーチGPでマリオ・アンドレッティが初優勝。インディ500では19勝しています。

【スピードウェイ内各店舗は朝6時からの営業】
朝6時のゲートオープンと同時に博物館や各売店もオープン。

【コナー・デイリーに新スポンサー】
NFL,インディアナポリス・コルツのパンター、パット・マカフィーが敬経営する「ShirtsForAmerica.com 」がメインスポンサーに。

【松浦孝亮がインディ500入場券をようやくゲット】
第100回インディ500現地観戦の松浦孝亮選手がようやく関係者パスをゲット。元パンサーレーシングチームマネージャーで現在はインディアナポリスモータースピードウェイの社長を務めるダグ・ボールズからのメールで「来ないの?」と言われて渡米を決心した松浦孝亮選手。「行く」との返事をしたもののその後ダグからの返答は全くなし。完全にパニック状態に陥った松浦孝亮選手でしたが、元パンサーレーシングPR担当で現在はインディカーのメディアディレクターを務めるマイク・キッチェルの連絡先を私が教えて連絡した結果、無事にダグからのメールが届き一安心。


【5月19日 4日目の予定】

8 a.m. – Garages open
Noon-6 p.m. – Indianapolis 500 practice