【速報】サーファーズパラダイスでのレース開催に関してインディカーが声明を発表

2016年06月30日

オーストラリアのサーファーズパラダイスでのレース開催復活に関してインディカーは以下の声明を発表しました。

インディカーはインディカーレースを開催に興味を持つ複数の海外の団体とスケジュール追加の可能性に関して現在話し合いを進めています。インディカーはサーファーズパラダイスでのレースで実績を残してきたと同時に多くのドライバーとチームがオーストラリアの熱狂的なファンが待つイベントを待ち焦がれています。現時点では具体的にどの主催者団体と話し合いをしているのかコメントすることは控えさせていただきます。

地元紙のゴールドコーストブルテンは6月30日(現地)の紙面で「ゴールドコースト市は2017年か2018年をめどにインディカーレースの開催に関してインディカーと話を進めている」と記事を出しています。インディカーの声明はその飛ばし記事をけん制する目的があると思われます。
http://www.goldcoastbulletin.com.au/sport/gold-coast-600/indycars-tipped-to-return-as-v8-supercars-lock-in-deal-to-secure-gold-coast-race-until-2019/news-story/7b8e45a1b26847c8c1f8d3ecf6cded6a

このインディカーからのステートメントはアンドレッティオートスポーツPRが発表していますが、プロモーションに関してアンドレッティが関与しているのかもしれません。

オーストラリアゴールドコーストでのインディカーレースは2008年を最後に行われていませんでしたが、オーストラリアスーパーV8レースなどのGTカーのレースは開催が続けられてきました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Gold_Coast_Indy_300#/media/File:Surfers_Paradise_Street_Circuit.svg
2008年までは上記のコースレイアウトで開催されてきましたが、現在ではターン1からターン3までの通りは路面電車が開通し、道幅は大きく減少しているので当時と同じコースレイアウトになるかどうかは不明です。

ちなみにV8スーパーカーレースは以下のレイアウトで開催されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Surfers_Paradise_Street_Circuit#/media/File:Surfers_street_circuit.png

大成功に終わったロードアメリカGP

2016年06月30日



9年ぶりにインディカーレースが開催されたロードアメリカでしたが、観客動員数は記録となる8万人(3日間で)を記録し、各方面から好評で、ロードアメリカのジョージ・ブラッゲンシーズ社長は来年も6月25日に決勝レースを開催すると発表しています。

レースに優勝したWパワーは「もっと早くここに戻ってくるべきだった」と語り、2位フィニッシュしたTカナーンも「ドライバーもファンにとっても最高のコース。来年が待ち遠しい」とコメントしています。

今回のインディカー開催のためにロードアメリカは約5億円を設備投資して、レース観戦環境を改善し、子供向けにジップラインとゴーカート場を建設し、16歳以下の入場料を無料としました。

その結果、木曜日のオートグラフセッションは大盛況で、カナーン、パワー、ディクソンは金曜日の夜はキャンプエリアでファンと共に過ごしました。

決勝日の観客動員は約5万人で、ブラッゲンシーズ社長はロードアメリカを”スピードの国立公園”にしたいと述べています。

ロードアメリカはインフィールドまでマイカーで乗り入れてキャンプしながらレース観戦できるということで特にファミリー層に人気のようです。同様の理由でミッドオハイオなども多くの観客動員があります。ワトキンスグレンも同じように自家用車を乗り入れてコースサイドでキャンプができます。

これらのコースの特徴はグランドスタンドがほとんどなく、芝生の丘の上からや林の中からデッキチェアでレース観戦ができることです。木陰が豊富で真夏のレース観戦でも苦痛ではありません。日本にはないタイプのコースですね。

視聴者の皆様からのご質問ご要望にお答えします

2016年06月29日

これまでに番組へのたくさんのご意見ご感想をいただきました。
ありがとうございました。
今回はその一部にお答えいたします。

▼シーズン前のテストや閉幕後の特番など期待しています。(34歳、男性)
企画を検討したいところであります。

▼稲嶺Dの予選後の佐藤琢磨選手に向けたマイクが画面の4分の1ほどを占めていたので見にくかったです(17歳、男性)
予選生中継でのスカイプカメラの画角に合わせた結果です。何ぶんにも一人で全部やっているためご了承くださいませ。

▼初期の放送の再放送も期待したいです。(35歳、男性)
2000年シーズンから放送していますが、今度アンケートを取りたいところです。

▼コーションラップ中にプロフェッサーBの映像入れてたけど完全にこのタイミングじゃないだろうと感じた(27歳、男性)
イエロー中は現地放送もフルスクリーンで「Race Recap」などを入れてくることもよくあるので特に問題ないと考えます。そもそもアンダーグリーンでもフルスクリーンでリプレイを何回も流したりしてきています。プロフェッサーBは現地CM中に流しているので、基本的にその時には空撮映像かオンボード映像しかきていません。インディカーレースを見る上ではプロフェッサーBの情報は非常に役に立つと考えます。

▼英語でのインタビューで、言ってる事を詳しく知りたい時があります。例えばですが、生放送中は難しいかと思いますが、レース中のテロップ、もしくは再放送時には字幕を付けるのは難しいものなのでしょうか。(45歳、男性)
インディカー中継はインタビューが非常に多いうえにみんなよくしゃべるので現状でなにとぞご容赦くださいませ。

▼解説陣のコメントも(もちろん、長丁場の途中脱線を含めて!)面白く、中でも松田さんの歴史を感じるコメントは素晴らしかったです。惜しむらくは、ハンターレイがラストピット以降ロッシをサポートしていた事に気づけなかった事ですが、(53歳、男性)
インディ500でロッシがハンターレイに引っ張ってもらったのは196周目あたりの2~3周だけです。ラストピット直後はハンターレイはラップバックしてラップリーダーのすぐ前を走っていました。我々はロッシの燃料が持つとは微塵も思っていなかったので、その時はめまぐるしく給油のためにピットインしていったドライバーと順位変動を中心に追いかけました。

▼これからもライブで 臨場感のある(天野さんのリポートとか)放送をお願いします。(女性)
天野さんには今後も炎天下の中、頑張っていいただきます。

▼予選についても放送していただけないでしょうか?(27歳男性)
インディ500の予選以外には国際映像の配信がないので現状ではお届けできません。indycar.comの公式映像などでご覧くださいませ。いずれは予選やインディライツなどもお届けしたいところではあります。

▼レース終了直後の佐藤琢磨選手のインタビューを聞けるのがいいです!(39歳、男性)
球やサッカーでのヒーローインタビューとは違って成績如何にかかわらずいつもインタビューに答えてくれる琢磨選手には本当に感謝ですね。

▼INDYCARのRace Controlのサイトに表示されているペナルティなどの情報が、放送にのるまで少々時間がかかっている印象を受けました。他のレースではフォローできていないこともあったかと存じます。(28歳、男性)
あの情報はすぐに消えてしまうこともあるので、他の情報を調べているときなどに追い切れない場合があります。ご了承ください。星さん、岩崎さん、頑張ってください。

▼今回、インディ500用のミルクを番組内で飲まれてましたが、中身も本場アメリカのものなのでしょうか。瓶に興味があるのはもちろんなのですが、(44歳、男性)
ビンの中身は放送直前に日本のコンビニで買いました。現地で売っているのはビンのみです。来年は本場のミルクを買ってきてビンに入れておきましょうか?おなかをこわさないか心配ですが。あとは3本のうち一本だけ牛乳をmade in USAにするとか。

▼もしできるのであれば、琢磨選手に2016年シーズンをレース毎、振り返ってもらう総集編的なものが見てみたいな~と思いました。(24歳、男性)
年末大反省会にならないようにシーズンの残りに期待したいところです。

▼もっと玄人好みの内容の濃い情報・解説をしてほしい。F1の解説陣に慣れている分、物足りなさを感じる。悪ふざけも多い気が。。。(40歳、男性)
情報が足りずに大変申し訳ありません。たまには放送席がギスギ・・・もとい凍りつくくらい緊張感たっぷりの中継にしてみたいと思います!

▼レース自体は非常にエキサイティングで良かったのですがレースが始まる前の時間がちょっと長すぎるかなとも感じたのでその辺を工夫していただけると良いかなと思いました。(36歳、男性)
逆にレース前に情報がもっとほしいという意見もあります。インディカーはレースが始まる前も重要な情報が盛りだくさんです。

▼天野さんの電話現地レポートだけではなくもうちょっとインディ500の予選のようにガレージの様子とかも紹介してほしいです。
あのタイミングでガレージへ行くとマシンもドライバーも誰もいないと思います。なので、今後はグリッドウォークなどにも挑戦しようと思っています。

▼残りレースすべてで小倉さんの出演、お願いします。(年齢不詳、男性)
小倉さん本人じゃないですよね???

その他にもコメンタリー3人体制に戻してほしいという意見を多くいただきました。
今後もさらに充実した番組にしてまいります。
忌憚のないご意見、ご批判などもありましたらお送りくださいませ。
たくさんのご応募、温かいご意見などありがとうございました。

天野さんのスカイプインタビュー

2016年06月28日



今回はなぜか背面カメラにうまく切り替わらずに自撮りのようになっていましたね。インタビューリポート中もカメラを切り替えようとして何回か画面に指が入っていましたが。

なので自撮り棒などは必要ないと考えています。

レース後のピットは意外とうるさいです。エアレンチの音や燃料回収車両などが来て結構な音がします。そうなると携帯電話のマイクはオートリミッターが入るので音声がゴボゴボします。

TVでピットリポーターが使う超指向性マイクロフォンがあればいいのですが、現場には音声さんもビデオエンジニアもいなく天野さん一人で全部やらなければいけないので大変です。

松田さんの言った通りでしたね

2016年06月28日

松田さんの言ってた通りにアームがボッキリいっていました。