現地の雰囲気が台無しに

2016年08月06日

たとえばインディ500のプリレースセレモニーで、アメリカ国歌独唱もクライマックスを迎えようとしている時に・・・。

実況アナA「あっ、会場上空向こうの方から戦闘機が近づいてきます」
実況アナ男「ものすごいはスピードですねえ」
実況アナ男「それにものすごい轟音です!!」
実況アナ女「うわー!すごい迫力です!!!」


・・・・・実況アナたちがしゃべりをかぶせている間に戦闘機は通過し、現地の歓声もアナたちの個人的な感想(台本?)にかき消されれて終了。

バックホームアゲインインインディアナが始まろうとしている時に・・・・・・
実況アナ男「何とコース上にステージが設けられています!!!!」
実況アナ女「全観客の視線がそのステージに集まってきています」

・・・・歌が始まる・・・・
実況アナ男「今年は子供たちとの合唱なんですね・・・・」
実況アナ女「子供たちの表情も生き生きしていますね・・・・」

・・・・・そうこうしているうちに歌は終了・・・・・
アナたちが個人的な感想を語っているうちにマリーハルマンジョージが紹介されて登壇。
そしてスタートコマンド・・・・・。

・・・・・スタートコマンドが言い終わるや否や映像はスタジオに切り替わって実況アナ男と女が中途半端なコメントをしゃべり続ける・・・・・。
その間にレースカーはパレードラップに出発・・・・orz。

書こうと思えばそんなチープな台本はいくらでも書けますが、来年のインディ500でそれをやったらクレームの嵐でしょうねえ。
過剰にしゃべり続けた上にイベントのクライマックスフィナーレを映さずにスタジオトークにしてしまったら・・・。

今日は朝からずっこけたのは私だけではないハズ。

ミッドオハイオ戦が最高視聴数を記録

2016年08月06日



7月31日に開催されたミッドオハイオ戦はNBCSNとCNBCで放送され、そのケーブルテレビでの視聴数は929,000を記録し、NBCSNの前身であるVERSUSが2009年にインディカー中継を開始して以来最大の視聴数となりました。

Sパジェノーがチェッカーフラッグを受けた15:00~1515の15分間の視聴数は1,326,000を記録しています。

これまでのケーブルテレビ視聴数の最高は2008年にESPNが放送したリッチモンド戦で947,000で、今回の視聴数はその時に次ぐ多さとなりました。

今シーズンこれまでNBC系列が放送したインディカー7レースの平均視聴数は505,000で、これは去年と比べて28%増となっています。

ちなみに過去のNBC系列の放送で視聴数が高かったのは以下のイベントです。

Mid-Ohio 2016, NBCSN and CNBC, with 929,000
Sonoma 2015, NBCSN, 841,000
Mid-Ohio 2015, NBCSN, 666,000
Edmonton 2011, CNBC, 642,000
Pocono 2015, NBCSN, 635,000.