GAORAインディカー流行語大賞2016ノミネートを募集

2016年09月23日

毎年恒例の新語流行語大賞。
まずは皆様からのノミネートを募集します。

昨年の大賞は「モナコ野郎」
http://blog.gaora.co.jp/indy/2015/10/15184
一昨年の大賞は「我慢のレース」でした。
http://blog.gaora.co.jp/indy/2014/09/11206

スマホ、タブレットなどからコメント欄に書き込んでください。
何回でも投票(書き込み)可能です。

PCからはコメント欄に書き込みができません。
スマホやタブレットからアクセスするとモバイル用サイトにつながり
コメント欄に書き込めるようになります。

現在のノミネート投稿
「キンボールが来たぞー」
「インディ500の報酬がだった1200ドル。契約書はよく読もう」by武藤英紀
「展示会」@セントピート
「RCなんとか」
「流しのドライバー」オリオール・セルビア
「カニャーン」?いつの話でしたっけ?
「権力者の息子」コナー・デイリー
「フランス人にいいヤツはいない」
「「ペットボトルはまだねじれていません!」
インディ500 T.K 「アンヨが古くちゃ前に進めねぇぜ!」
「ペットボトルねじり値」
インディ500のファイナルラップで、ガソリン足りるか怪しいロッシを見て、村田さんが叫んだ、『ホントかよっ!!?』
「(TKに対して)まちのチンピラ走り」by武藤英紀
「こんなことって!」by村田晴郎 ・・・・どこでしたっけ?
「ドクターペッパー」
「ディクソンマジック炸裂」・・・・・どのレースのいつでしたっけ??
「異次元」 ニューガーデン@アイオワ
「ズンドコオートスポート」 アレン”車高が低いの大好き”マクドナルド
「松浦プロ」
「第100回インディ500」

なんか今年は1発屋的なものばかりになっていますね。どのレースでの発言かも書いていただけると助かります。

ヒンチクリフが「ダンシング・ウィズ・ザ・スター」で2週勝ち抜きへ

2016年09月22日



アメリカABCの人気TV番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スター(DWTS)」にプロダンサーのシャーナ・バーゲスをパートナーに参加しているジェイムス・ヒンチクリフ。先週の第1回ではまだインディカーシーズン中で最終戦直前にもかかわらず、課題のフォクストロットをトップタイスコアで通過しました。

番組はスポーツアスリートとプロダンサーがペアとなり13組が参加。1週ごとに最下位の一組が脱落してゆくシステムになっています。

週明けには第2回目の”ラテン”でしたが、Jヒンチクリフ組は課題4位のポイント、総合2位で第3週へ勝ち進んでいます。

ダンス終了後にJヒンチクリフは「これまでは限られた練習時間でやってきたが、今後はダンスに集中できる。このチャレンジを楽しみたい。」と語っています。

ヒンチのダンスの腕前はindycar.com公式でご覧になれます。
http://www.indycar.com/News/2016/09/09-20-DWTS-week-2-results

フランス人にいいやつはいない・・・・

2016年09月21日

レース後のインタビューでHカストロネベスが言っていましたが、
このことですね。

http://blog.gaora.co.jp/indy/2014/05/9821

最終戦ソノマ、3ストップか4ストップか

2016年09月20日



今回のフューエルウインドウは最大24周。
なので、セオリーとしては1回目を13周目以降、2回目を37周目以降、3回目を61周目以降とする3ストップとなります。

結果的にレースウィナーのSパジェノーを含むTOP6がこの作戦をとってスタートポジションよりも順位を上げてフィニッシュしています。8位のMアンドレッティもこの作戦で6ポジションあげています。

4ストップ組の最上位は7位のHカストロネベス。エリオは当初の3ストップから急きょ作戦を変更して4ストップにしてきました。上位勢と同じ作戦では優勝の狙えないというRペンスキーの判断です。もしかしたら2セット目のタイヤに何かトラブルがあったのかもしれません。しかし、結果的には予選2位から7位に終わっています。

佐藤琢磨選手も4ストップを選択。スタートポジションから一つ上げて14位フィニッシュしています。

4ストップの狙いは、タイムの落ち込みが激しいソフトタイヤを早めに交換して、10周過ぎを目安にピットストップすればフルコースイエローが複数回(トータル8周以上)でれば、1回ステイアウトして大きく順位アップして残りのピットストップ回数を同じにして勝負するという考え方です。過去2年のソノマではその作戦が当たっています。

今回はフルコースイエローは1回3周のみだったために、この4ストップ作戦は当たりませんでした。
ここまでコーションラップが少ないのはソノマではまれな方です。

トップ10フィニッシュで唯一4ストップで順位を上げたのは9位フィニッシュのCキンボール。
予選12位から3ポジションあげています。オープニングラップでは琢磨選手のすく前を走っていました。
キンボールは最初の2スティントを連続でソフトタイヤを選択。最初の2回のピットストップで”アンダーカット”できたことが順位アップにつながっています。

今回のBIGGEST MOVERは予選20位から12位フィニッシュしたJヒンチクリフ。ヒンチはセオリー通りの3ストップでした。

コンパクトに終わった最終戦中継

2016年09月19日



今回は現地放送のNBCSNの都合でプリレースもポストレースもかなり短めとなりました。現地NBCSNはGAORAと同時の7:30開始で、10:30に終了しました。

そのためにプリレースでは国家独唱が中継では流れず、ポストレースでもシリーズチャンピオンセレモニーは中継には流れませんでした。

おそらくNBCSNの前後の放送枠の関係だと思いますが、非常に珍しいケースです。
3時間5分の生中継でした。