ストリートレースの路面

2016年10月09日



ストリートレースでのコースは道路をそのまま使っているかと言えばさに非ず。
シンガポールGP開催から3週間がたち、コースの視察に来ています。上の写真はターン7の出口に向けてのものですが、レーストラックのサーフェイスの色が明らかに違います。

おそらく、毎年舗装しなおしていると思われます。モナコも同様でしょう。毎年レース時には舗装が真新しく、ペイントがありません。

次の写真はターン19のアウトサイド。レーストラックの舗装が明らかに違います。目が粗くてて路面ミューを高めています。


まだ一部では照明用の支柱とトラスが残っていました。


縁石や中央分離帯や歩道の淵などはレースのたびに取り外したり設置したりしているようです。

以前に、通常のセントピーターズバーグに行ってコースを見ましたが、レーストラックの部分は他の路面舗装と違って目の粗い舗装になっていましたが、毎年再舗装はしていません。やはり,F1はコース設営にもコストをかけていますね。