【速報】佐藤琢磨がアンドレッティから参戦

2016年12月03日


2017シーズン、佐藤琢磨選手はアンドレッティオートスポーツの#26でフル参戦することが発表されました。

これで、カルロス・ムニョスと入れ替わる形での移籍となり、アンドレッティオートスポーツは2017シーズンも4台体制となります。

アンドレッティにはかつて武藤英紀選手が2008年から2009年まで在籍し#27をドライブ。2008年アイオワではと意地の日本人最上位となる2位フィニッシュを記録しています。

■マイケル・アンドレッティCEOのコメント
「アンドレッティ・オートスポーツに加入することで、琢磨にはまったく新しい、そしてポジティブなチャンスがもたらされます。これまで琢磨は複数のドライバーと共同作業を行う大きなチームに加入した経験がありません。4人のドライバーとチームが一体となって努力することで、私たちのチームはこれまでたくさんの成功を成し遂げてきたほか、コースにおけるドライバーの能力を引き出す点でも多くの実績を残しています。琢磨はレーシングドライバーとして素晴らしい経験を積んでいるので、私たちのチームに加わることで、さらにその成長を促し、能力を伸ばし、多くの成功を収めることを楽しみにしています」
「琢磨と一緒に仕事をする上で最も楽しみにしているのは、彼のオープンな人柄です。琢磨はとてもフレンドリーで、これはともに仕事をする上で大きな励みとなります。彼の個性はチームにとっても重要な役割を果たすと思いますし、ライアン、アレクサンダー、マルコとも上手くやっていけるものと信じています」

■佐藤琢磨のコメント
「マイケルならびにアンドレッティ・オートスポーツとの交渉を終え、とてもうれしく思っています。アンドレッティ・オートスポーツとは切っても切れない関係にあるHondaとともに、今、彼らは最高の状態にあるように思います。チームはこれまで何年にもわたり、あらゆるタイプのコースで驚くほどコンペティティブな実力を発揮してきました。とりわけ、過去数年間のインディ500で示したスピードには目を見張るものがあります。また、彼らが2017年シーズンに向けてアグレッシブに状況の改善に取り組んでいることがとても印象深く、今は新しい環境でレースを戦うのが待ちきれない気分です」