フェニックス(PIR)が大幅改修計画を発表

2017年01月31日



フェニックス・インターナショナルレースウェイ(PIR)が大規模な改修計画を発表しました。

PIRの親会社であるインターナショナルスピードウェイコーポレーションは1億7千8百万ドルをかけて大改修行う「フェニックスレースウェイプロジェクト」を発表しました。
http://www.phoenixraceway.com/The-New-Phoenix-Raceway/New-Amenities.aspx

この改修計画の目玉はインフィールドに「ファンゾーン」を設けて、よりレースファンがドライバーに接近できる環境を作り、さらにレーストラックはスタートフィニッシュラインをターン2とバックストレッチのドッグレッグの間に移動させるというもの。それに合わせてインフィールドトンネルとグランドスタンドが新たに建設され、WIFI環境も充実されます。

従来のフロントストレッチ部分のグランドスタンドは取り壊されてキャンピングカーエリアとなり、45000席のグランドスタンドがターン2側に増設されると共に、5基のエレベーターと4基のエスカレーターが設置されます。

改修工事は2018年11月までに完成の予定で、今年のシリーズ第4戦が開催される4月29日以降に工事に取り掛かるということです。




トニー・カナーンお宅訪問①

2017年01月31日


http://www.indycar.com/Videos/2017/01/01-30-TK-garage-tour-part1

トニー・カナーンが自宅のオフィスとガレージを紹介しています。
自慢の愛車と2013インディ500優勝複勝のコルベットもあります。

ブルデイ組がデイトナ24時間クラス優勝

2017年01月30日



先週行われたデイトナ24時間レースでチップガナッシレーシングから#66フォードGTで参戦したセバスチャン・ブルデイ、ジョーイ・ハンド、ダーク・ミューラー組がGTLMクラスで優勝し、去年のルマン24時間レースでのクラス優勝と合わせてこの1年間で24時間レースでの2勝をあげました。

残り34分のところで#66フォードGTがクラストップに立つと、フィニッシュまでフェラーリと激しいバトルが展開されましたが、ステアリングを握ったDミューラーは競り勝ってクラス優勝をもぎ取りました。

同じくチップガナッシからはTカナーンとSディクソンも参戦しましたが、それぞれクラス5位、クラス8位でフィニッシュしています。

GTDクラスにアキュラNSXで参戦したRハンターレイはクラス5位、Gレイホールはクラス11位でした。

プロトタイプクラスにマツダプロトで参戦したSピゴットは残り5時間のところまで総合5位につけるものの車両火災でクラス11位。同じくマツダプロとをドライブしたJヒンチクリフはトラブルでクラス12位に終わっています。

プロトタイプチャレンジに急きょ参戦したCデイリーはクラス4位、総合45位でした。

コナー・デイリーもデイトナ24時間に参戦

2017年01月28日



AJフォイトレーシングからインディカーシリーズに参戦する25歳のアメリカ人、コナー・デイリーがデイトナ24時間レースにプロトタイプチャレンジクラスから参戦することが決まりました。

#88スターワークスモータースポーツからのエントリーで、これで今年のデイトナ24時間レースには8人のインディカードライバーが参戦することになりました。

プロトタイプクラスはオープンツーシーターの共通規格のクラスで、カーボン製シャシーにカーボンブレーキ、シーケンシャルトランスミッションを装備しています。

シャシーはオレカ製FLM09、エンジンはシボレーLS3、タイヤはコンチネンタルのワンメイクになっています。

ブルデイ組がデイトナ24時間でクラスポール獲得

2017年01月27日



去年のルマン24時間レースでフォートGTに乗ってGTLM(GTルマン)クラスで優勝したチップガナッシレーシングのセバスチャン・ブルデイ、ジョーイ・ハンド、ダーク・ミューラー組が、今年のデイトナ24時間レースでも#66フォードGTで同じトリオでGTLMクラスでのポールポジションを獲得しました。

チームメイトの#67と#68もそれぞれ予選クラス2位3位となり、チップガナッシレーシングがクラストップ3を独占しました。

予選総合トップは元インディカードライバーのクリスチャン・フィッティパルディが参加する#5キャデラックDPi。現役インディカー参加チームの予選結果は以下の通りです。

プロトクラス 予選9位 #55 Sピゴット Mazda DPi
プロトクラス 予選10位 #70 Jヒンチクリフ Mazda DPi
GTLMクラス 予選1位 #66 Sブルデイ Ford GT
GTLMクラス 予選2位 #67 Sディクソン Ford GT
GTLMクラス 予選6位 #69 Tカナーン Ford GT
GTDクラス 予選7位 #93 Gレイホール Acura NSX GT3
GTDクラス 予選9位 #86 Rハンターレイ Acura NSX GT3