フィリップスがAJフォイトのテクニカルディレクターに就任

2017年01月24日



2011年から2015年までインディカーで技術部門の責任者を務めてきたウィル・フィリップスがAJフォイトレーシングのテクニカルディレクターにつくことが発表されました。これまでそのポジションにいたドン・ハリデーは引退します。

同時にフィリップスは#14コナー・デイリーの担当エンジにとなります。#4コナー・デイリーの担当エンジニアは去年までジャック・ホークスワースを担当したダニエル・クッチアローニが担当します。

フィリップスはこれまでモータースポーツの世界では1986年にシャシーメーカーのマーチでデザインエンジニアとしてそのキャリアをスタート。F3000からF1,インディカーのシャシー製作に携わってきました。

その後はレイナードをはじめ、ドフェランモータースポーツ、ハイクロフトトレーシング、ロケットモータースポーツでレースエンジニア、デザインエンジニアを務め、2011年から15年までインディカーで技術部門の責任者を務めてきました。

これで、今シーズンから新体制となるAJフォイトレーシングの体制が完成したことになります。チームは1月24日25日にフロリダのセブリングで初めてシボレーでのテストを行うことになっています。