ティム・シンドリックがニューガーデンのストラテジスト担当に

2017年02月03日



チームペンスキーの社長で、これまでウィル・パワーのストラテジストを担当してきたティム・シンドリンクが2017シーズンはチーム新加入のジョセフ・ニューガーデンの担当になることが決まりました。

パワーとシンドリックはこれまで5年半にわたってコンビを組んできましたが、パワーの担当ストラテジストはこれまでJPモントーヤのを担当してきたジョン・ボーズログに代わります。

ニューガーデンは2011年以来住んできたインディアナポリスからペンスキーのワークショップ近くのノースカロライナ州モアーズビルに生活拠点を移しています。

ヘリオ・カストロネベスのストラテジストはこれまで通りロジャー・ペンスキーが担当し、シモン・パジェノーもこれまで通りカイル・モイヤーが担当します。

セイジ・カラムがインデイ500に参戦

2017年02月03日



セイジ・カラムがドレイヤーレインボールドレーシング(DRR)と共に第101回インデイ500に参戦することが発表されました。カラムがDRRからインデイ500に参戦するのは3回目となります。

カラムの最初のインディ500参戦は19歳の時でDDRから参戦して31番グリッドから9位フィニッシュしました。去年は23番グリッドから4位までポジションアップしましたが他車との接触で32位に終わっています。

カラムはMazda Road to Indyステップアッププログラムで2010年に15歳のでUSF2000でチャンピオンとなり、2013年はインディライツでタイトルルを獲得しています。