オープンテスト 総合でパワーがトップ

2017年03月22日



3時間のセッション2回で行われたバーバーでのオープンテストですが、2回のプラクティスセッションが終わってウィル・パワーがトップ、琢磨選手は6位で終えています。

出走22台中、3台以外はプラクテイス2でのベストラップとなっています。

プラクテイス2では3時間のセッションタイムのうちのラスト1時間はP2Pを使用が可能で、ほとんどのドライバーはP2Pを使用してタイムアップをしたと思われます。

プラクティス2 リザルト
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2017-03-21/03-21-17%20Barber%20test%20practice%202.pdf

オープンテスト 総合リザルト
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2017-03-21/03-21-17%20Barber%20test%20combined%20practice.pdf

以下は第2戦までに行われるテストスケジュールです。

3月25日
インディアナポリス・モータースピードウェイ(オーバル)
HONDA MANUFACTURER TEST

Chip Ganassi Racing
Max Chilton
Scott Dixon
Tony Kanaan
Charlie Kimball
Rahal Letterman Lanigan Racing
Graham Rahal
Schmidt Peterson Motorsports
James Hinchcliffe
Mikhail Aleshin

3月28日
セブリング・インターナショナルレースウェイ
TEAM TEST
Andretti Autosport

Marco Andretti
Ryan Hunter-Reay
Alexander Rossi
Takuma Sato

4月1日
インディアナポリス・モータースピードウェイ(オーバル)
CHEVROLET MANUFACTURER TEST
AJ Foyt Racing

Conor Daly
Carlos Munoz
Ed Carpenter Racing
Ed Carpenter
JR Hildebrand
Team Penske
Helio Castroneves
Josef Newgarden
Simon Pagenaud
Will Power

4月4日
ソノマ・レースウェイ
HONDA MANUFACTURER TEST
Andretti Autosport

Marco Andretti
Ryan Hunter-Reay
Alexander Rossi
Takuma Sato
Chip Ganassi Racing (TEAM TEST)
Max Chilton
Scott Dixon
Tony Kanaan
Charlie Kimball
Dale Coyne Racing
Sebastien Bourdais
Ed Jones
Rahal Letterman Lanigan Racing
Graham Rahal
Schmidt Peterson Motorsports
James Hinchcliffe
Mikhail Aleshin

オープンテスト プラクティス1で琢磨がトップ

2017年03月22日



アラバマ州のバーバーモータースポーツで行われたオープンテストにJPモントーヤを含む22台が参加。2回に分けて行われた3時間のプラクティスセッションの1回目で佐藤琢磨選手がトップタイムをマークしました。

実際のレースコンディションに近い気温の高い中でのプラクティス1で琢磨選手は38周を走行。その中でも7周目と早い時点でのラップタイムがそのままセッションファステストとなっています。

今回は1台あたりにタイヤは4セット(ルーキーのエド・ジョーンズだけは5セット)支給されます。

「ここまで非常に順調です。チームメイトとエンジニアたちが有効に機能して限られた時間で最大の能力が発揮できています。レースウィークエンドに向けて多くのテスト項目をこなさなければなりませんが、4台がうまく手分けして順調にこなせています。」と琢磨選手は手ごたえを感じています。

琢磨選手は去年のバーバーのレースウィークエンドでは金曜日のプラクティス2でもファステストステスト(01:07.2157)を記録しています。

プラクティス1 リザルト
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2017-03-21/03-21-17%20Barber%20test%20practice%201.pdf