インディカーのテスト日数ルール

2017年03月26日

インディカーのスケジュールには以下の種類があります。

【テスト日数】
①チームテスト(プライベートテスト)
風洞テストと合わせて4回(去年は8回)以内。
2016年10月3日~2017年4月5日の間に3回、
2017年4月11日~2017年9月17日の間に1回。
風洞テストは連続24時間以内の最大12時間まで。

②オープンテスト(合同テスト)
2月10日11日 フェニックスインターナショナルレースウェイ
3月21日 バーバーモータースポーツパーク
4月12日 テキサスモータースピードウェイ
5月2日 ゲートウェイモータースポーツパーク
9月14日 ソノマレースウェイ
合計6日(去年はプロモーターテスト8日)。
年間エントリーはすべてのテストに参加義務が課せられる。

③ルーキードライバーテスト
フル参戦ルーキー向けに2016年10月3日~2017年9月17日の間に追加2回。
それ以外のルーキー向けに2016年10月3日~2017年4月5日の間に追加2回。
インデイ500前にルーキーオリエンテーションを含む追加1回。
セットアップアップ確認のためのベテランドライバーの確認走行は10周もしくは2回のピットアウトまで。

④インディライツドライバーテスト
現役インディライツドライバーのテストのために追加1回。(以下略)
その時に一緒に参加するインディカードライバーはインディライツドライバーの走行周回数を上回ってはならない。
テストデーは2016年10月3日~2017年9月17日の間に行わなければならない。

⑤インディライツチームテスト
インディカーシリーズとインディライツシリーズの両方にフル参戦するチームは追加1日。
インディライツ参戦チームはインディライツレース5レース参加時点で追加1日。
共に期間は2017年5月13日~2017年9月17日の間。

⑥新規参戦チームテスト
公認された新規参戦チームは
2016年10月3日~2017年4月5日の間に追加4回。

⑦メディア/TV/写真撮影用テスト
スポンサーCM,プロモーションビデオなどの撮影用に公認された場合に複数日数追加できる。

⑧復帰ドライバー確認テスト
怪我などで復帰するドライバーは状況によって公認された場合に複数日数追加できる。

⑨タイヤマニュファクチュアラーテスト
ファイアストン主催のタイヤテスト時にチームは別途1台を追加テストできる。
そのテストはチームテストには含まれない。
2017年4月11日~2017年9月17日の間の2日。
2016年10月3日~2017年4月5日の間の2日。
(去年より2日増)

⑩エンジンマニュファクチュアラーテスト
2016年10月3日~2017年4月5日の間の2日。
チームはそのうちの1日を超えて参加することができない。
他マニュファクチュアラーチームはチームテストとして参加できる。

※モデル風洞テストとリグテストはテスト日数制限にカウントされない
※エアロキットテストは今シーズンは廃止

【タイヤ本数】
①チームテストで1台につき1日6セットまで(ニューチーム、ルーキーを除く)。
②チームテストでは2016年9月19日~2017年9月17日の間に1台につき16セットまで。
③その他のテストでは各チーム1台につき4セットまで。

【テストトラック】
①サーキットオブジアメリカ(テキサス)
②ホームステッドマイアミスピードウェイ(フロリダ)
③マツダレースウェイラグナセカ(カリフォルニア)
④セブリングインターナショナルレースウェイ(フロリダ)
⑤オートクラブスピードウェイ(カリフォルニア)
⑥シカゴランドスピードウェイ(イリノイ)
⑦カンザススピードウェイ(カンザス)
⑧ミシガンインターナショナルスピードウェイ(ミシガン)
⑨ニューハンプシャーモータースピードウェイ(ニューイングランド)
※上記以外のインディカーが公認したレーストラック
※上記以外で行うストレートラインテストには事故保険は適用されない
※レースイベント開催7日以内はテストはできない(オープンテストと3月31日~4月5日を除く)
※その他テスト禁止期間あり
※今年はミルウォーキーとワトキンスグレンが指定からはずれる