ロングビーチGPが80周から85周へ

2017年04月06日



5年ぶりにロングビーチGPの周回数が変更されます。
80周から85周へと5周増やされます。

2016     80周 (1:33:54.483) イエローなし
2015     80周 (1:37:35.235) イエロー1回
2014     80周 (1:54:41.641) イエロー4回
2013     80周 (1:50:08.715) イエロー5回
2012     85周 (1:54:01.608) イエロー3回
2011     85回 (1:53:11.100) イエロー3回
2010     85周 (1:47:12.540) イエロー1回
2009     85周 (1:58:47.465) イエロー5回
2008     83周 (1:45:25.415) イエロー3回
2007     78周 (1:40:43.975) イエロー3回
2006     74周 (1:40:07.670) イエロー5回
2005     81周 (1:46:29.768) イエロー4回
2004     81周 (1:44:12.348) イエロー1回
2003     90周 (1:56:01.792) イエロー3回
2002     90周 (2:02:14.542) イエロー6回
2001     82周 (1:52:17.779) イエロー3回

周回数変更の理由は80周のままだとレース速度のアップによるレース時間の短縮と、燃費走行で2ストップギリギリで走れることにより、5周増加させて1ストップ増やすのが目的と思われます。

去年はノーコーションで各車ギリギリ2ピットの燃費レースになっていました。


今年は1ピット1スティント増えるということで、タイヤの選択もより重要になります。