チャベスが新チームからインディ500参戦へ

2017年04月11日



インディアナポリスを拠点とする路面舗装会社のハーディンググループとドレイヤー&レインボールドレーシングが共同でチームを設立し、ギャビー・チャベスを起用して第101回インディ500に参戦することが決まりました。カーナンバーは88でエンジンはシボレーとなります。

チャベスはコロンビア出身の23歳で2014年インディライツチャンピオンとなり、2015シーズンはブライアンハータオートスポーツからフル参戦。2016シーズンはデイルコインレーシングから7レースに出走しています。

チームはかつてエドカーペンターレーシングを立ち上げたラリー・カリーが中心となり、ラリーの息子でカナーンがインディ500を制した時にKVレーシングテクノロジーでエンジニアをしていたマット・カリーが加わり、アル・アンサーJr.もドライビングインストラクターとしてチームに参加します。

チームはこの水曜日にテキサスモータースピードウェイでチャベスのリフレッシャーテスト共にシェイクダウンテストを行うことになっています。

その他にも第101回インディ500にはアンドレッティオートスポーツからは5台目としてインディライツに参戦する24歳のイギリス人、ジャック・ハーベイをカーナンバー50でエントリーさせることを発表。


AJフォイトレーシングは3台目にインディライツに参戦するオハイオ州出身の22歳のザック・ビーチをカーナンバー40でエントリーさせることを決定しています。