第101回インディ500のペースカーをお披露目

2017年05月05日



第101回インディ500でペースカーを務める2017年型シボレー・コルベット・グランドスポーツがお披露目されました。

コルベットがインディ500のペースカーを務めるのは1978年以来14回目で史上最多回数となります。隊列をシボレーが先導するのは1948年以来28回目となります。

2017年型シボレー・コルベット・グランドスポーツの仕様は以下の通りです。

460馬力 (343 kW) LT1 直噴V-8 ドライサンプ、アクティブエクゾースト
8速パドルシフト式オートマチックトランスミッション
カーボンファイバー製グランドエフェクトパッケージ装着
ホイールサイズ19 x 10インチ (フロント) 、20 x 12インチ (リア)
マグネチック車高調整、スタビライザー、特性スプリング
電子制御式LSD
Z07パッケージ、カーボンセラミックマトリクスブレーキオーター、
タイヤサイズ285/30ZR19 (フロント) 、335/25ZR20(リア)
ブレンボ製カーボンセラミックブレーキシステム
15.5インチ (394 mm) ローター、6ピストンキャリパー(フロント)
15.3-インチ (380 mm) ローター、 4ピストンキャリパー(リア)
インディ500スペシャルデザイン

シボレーは1911年創業で、第1回インディ500にはルイ、アーサー、ガストンのシボレー3兄弟が組んで参戦し、1920年大会でガストン・シボレーが優勝しています。

フェニックスGP中継画面に映ったさまざまなもの

2017年05月05日


サボテン
でっかいサボテンがレースウェイの周辺にたくさん生えています。バックストレッチとターン3,4側にインフィールドにもサボテンが植わっています。



愛犬と戯れる飼い主
レースウェイの正面には川が流れていますが、雨が少なくなると川床が露出します。その川床を飼い犬と一緒に走る人が空撮で映し出されていますが、犬に追いつかれて後ろから飛びつかれて盛大に砂埃を挙げてスっ転んでいましたね。野犬に襲われていたわけではありません。


アレシン
レース前のディクソンへのインタビューの時にその後ろで彼女とまったりするアレシンが映っていました。今回はコンウェイのせいではありません。


アリゾナの夕日
毎日きれいな夕焼けが見られます。その様子はアリゾナ州のナンバープレートにもデザインされています。