ブルデイの命を救った数々のインディカーの安全対策

2017年05月21日



今回のブルデイのクラッシュと1982年のゴードン・スマイリーの事故との対比がネット上では多く語られていますが、クラッシュの状況はかなり似ていますが、取り巻く環境は大きく変わっています。その結果、ブルデイの命は救われたといえます。

①SAFERウォール
まずSAFEウォールの効果は絶大でした。詳しくは下記リンクにあります。
http://blog.gaora.co.jp/indy/2017/05/20981


②シートテクノロジー
http://www.indycar.com/Videos/2017/04/04-04-Professor-B-seat-technology

レースカー側の安全対策としてカーボンコンポジット素材で頑丈なモノコックになっている他に、インディカーのシートの安全性は見逃せません。発砲ポリプロピレン製のシート自体がつぶれることで衝撃を吸収するほか、シートの下にも衝撃吸収フォームが1.2インチ(約3cm)、背中側にも3インチ(約7.6cm)の厚さで装着されています。頭の周りには大きなヘッドプロテクターが装着され頭部への衝撃を吸収しています。

③HANSデバイス
http://hansdevice.com/Home.html

ヘッド・アンド・ネック・サポートの略でNANSデバイスと呼ばれています。前面衝突によって頸椎が伸びることを防止し、頭蓋底の損傷など致命的な負傷を防止しています。今回のブルデイの事故もヘッドオン(正面から)でウォールに激突しているのでかなり効果的だったはずです。

④セーフティーチーム

医療や消防、救急救命の現場で長いキャリアを積んだ専門スタッフによるセーフティチームが90年代に結成されすべてのレースにその専門チームが帯同しています。アクシデント発生から20秒以内に救出作業を開始し迅速にケアセンターに搬送できるようにチームは高緯度に訓練されています。メンバーには過去様々なドライバーの外科手術を行ってきたテリー。トラメル博士など外科医学界の権威も含まれています。

⑤コース形状の変更
https://www.youtube.com/watch?v=HCyRpaCYFFw
1992年まではピットアクセスロードがなく、コースエプロンを通ってピットアウトしていましたが、レース中はほとんどのレースカーがコースエプロンを大きくインカットして走行していました。なのでレースカーがコントロールを失った場合はかなり深い角度でウォールにヒットケースが多く深刻なクラッシュになっています。1992年のジェフ・アンドレッティやネルソン・ピケはリアが流れてスピンし、ノーズからウォールにヒットしています。ゴードン・スマイリーのケースはこれとは違いますが、スピードウェイは1993年にインフィールド側にピットアクセスロードを設置してエプロン部分を狭めてインカットできないようにしています。

今回のブルデイの怪我はかなり深刻なことは間違いありません。確実な回復を祈るばかりです。

第101回インディアナポリス500 予選1日目情報まとめ

2017年05月21日


予選1日目リザルト
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2017-05-20/indycar-results-quals-day1.pdf
気温20度 湿度49% 路面温度33度 風速4m


【雨のため5時間遅れで予選を開催】

降雨のために11時開始予定が16時開始となり、各車1回のみのアテンプトに予選フォーマットを変更して行われる。前日にクラッシュした#40Zビーチを除く31が出走し19時過ぎに予選終了。

【Eカーペンターがトップスピード】
これまでインディ500では2013年14年と2年連速でポールポジションを獲得しているEカーペンターレーシング#20Eカーペンターが4周平均230.468mphのトップスピード。「230はいけると思ったが、4周とも230を超えるとは思わなかった。2013年にポールポジションを取った時の感覚がよみがえってきた。」とコメント。

【佐藤琢磨が予選暫定2番手】

33人中23番目の出走となった琢磨選手は先に出走したチームメイトからのフィードバックを存分に活用してその時点で暫定トップとなる230.382mphをマーク。琢磨選手の予選後のコメントはこちらにあります。 http://blog.gaora.co.jp/indy/2017/05/21492

【フェルナンド・アロンソがルーキー最速の7番手】

ここまで好調な走りを見せるアロンソは230オーバーの見事な走りで230.034mphでルーキー最上位となる7番手。さらに上のグリッド獲得の可能性ものぞかせています。「予選はトリッキーで難しかったがうまくいった。4周をフィニッシュした時のアドレナリンはすごかった。目標のTOP9には入ったが明日こそが本番だ」とコメント。

【Sブルデイが大クラッシュで負傷】

シリーズ開幕戦で優勝しているSブルデイは予選アテンプトの2周目終了時点で231.534mphという驚異的なスピードを見せポールポジション獲得可能性を大きく予感させる走りをしたものの3周目のターン2でカウンターを当てたところそのままノーズからウォールに激突。レースカーはー横転しながらバックストレッチを中ほどまで飛ばされてようやく停止。ブルデイはホルマトロセーフティーチームの救出活動によりインフィールドケアセンターに向かわずに直接メソジスト病院に救急車で搬送されました。診断の結果、骨盤と股関節の複雑骨折と言うことで同日夜には緊急手術が行われています。予選2日目に関して#18をどうするのかはまだ発表がありません。

【予選1日目ダイジェスト映像】
http://www.indycar.com/Videos/2017/05/05-20-Indy-qual-day-1-highlights

【5月21日 予選2日目スケジュール】
Noon – 12:45 p.m. – グループ1(暫定33位から10位まで)プラクティス
1:15 – 2 p.m. – グループ2(FAST9)プラクティス
2:45 p.m. – グループ1予選
5 p.m. – FAST9予選

予選2日目の模様はニコニコ生放送でライブストリーミングします。
http://live.nicovideo.jp/searchresult?v=lv297144135&pp=,0&zroute=search&orig_filter=%3Areserved%3A&sort=recent&date=&kind=&keyword=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%BC

【第101回インディ500】 佐藤琢磨選手予選1日目暫定2位インタビュー動画

2017年05月21日



第101回インディアナポリス500予選初日を終えての琢磨選手の共同インタビューです。
たっぷりとお聞きください。
インタビュー最後にはニコニコ生放送ご覧になった方へのメッセージが入っています。



予選アテンプト直後のホットなインタビューは決勝生中継のプリレースでお送りします。

【速報】予選は現地午後4時開始で正式決定

2017年05月21日

午後4時に予選開始、1台につき1回のみのアテンプトで、全車のアテンプトが終了するまでは午後6時を超えても予選は続行されます。

完全に日差しは戻り、路面はかなり急速に乾いてきています。

【速報】ジェットドライヤー隊出撃!

2017年05月21日



現地午後4時予選開始公式決定です。 

日差しも戻って順調に乾いてきています。
昨日の状況から判断しても、この調子で行けば午後4時の開始には十分に間に合いそうです。

午後4時に予選が開始されれば、琢磨選手の出番は午後5時50分ごろ。予選開始が遅れるほど、出走順が後方の琢磨選手は有利になります。