【佐藤琢磨レースリポート】 インディカー第13戦ミッドオハイオ 

2017年07月31日



インディカー・シリーズ第13戦は、オハイオ州のMid-Ohio Sports Car Courseで行われた。

 金曜日に行われたフリープラクティスでは、1分5秒台とトップグループから置いてかれてしまった佐藤だが、土曜日朝のフリープラクティスでは、セットを上手くまとめて2番手の位置に付けることができた。

 午後に行われた予選、佐藤はグループ1から参戦。これを2位で通過するとQF2も2番手と好調をキープ。久しぶりの進出となったFirestone Fast Sixでは、シボレー勢2台に抜かれてしまったが、3位で決勝を迎えることになった。「4台体制のチームワークが見事に機能しました。すべてのセッションでコンペティティブでした」と佐藤は予選後に語った。

 スタートは現地時間午後3時45分。全車クリーンスタートで、大きな混乱もなくレースは始まった。佐藤は3位のポジションをキープするものの、前を行くペンスキー2台からは離されていく。逆に後ろからレイホールが迫ってくる展開となった。14周目についにレイホールにパスされると、佐藤は16周目に最初のピットイン。タイヤをブラックに替えて、10位でコースに復帰した。

 その後レースは膠着状態が続く。42周目に2回目のルーティンのピットインをした佐藤は、7位でコースに戻る。

 64周目の3回目のピットインで、右フロントタイヤの交換に手間取り、佐藤は順位を落としてしまう。その後フルコースコーションが入り、佐藤はピットで失ったポジションをリカバーするために、リスタートから積極的に攻めて、72周目には5位まで順位を戻すことに成功した。しかし、その後は前を攻める決め手を欠き、結局5位でゴールした。 



【佐藤琢磨選手のコメント】
スタートはなかなかペースを上げることができませんでした。またピットストップでミスがあり遅れてしまいました。最後のリスタートではかなり攻めてポジションを2つ戻すことができました。3位スタートだったので、今回の5位は手放しで喜ぶことはできませんが、状況を考えれば力強いパフォーマンスだったと思います。今年、ロードコースではいい結果を示せていませんでしたが、今回は予選も決勝もいいリザルトを残せたと思いますので、残りのレースもさらに頑張って行きたいです。

(内閣総理大臣顕彰受賞にあたり)スポーツをやっている選手の一人として、大変光栄なことです。モータースポーツにとっても非常に素晴らしいニュースだと思います。これまで続けて来た復興支援の活動や自分自信のレースも含めて、これからも一層邁進して行きたいと思っています。