ロードーコース用ユニバーサルキットをテスト

2017年08月02日



8月1日にミッドオハイオ・スポーツカーコースで2018シーズンから使用される新型エアロキット「ユニバーサルキット」のロードコースバージョンのテストが行われました。

テストのフォトギャラリーはこちら。
http://www.indycar.com/photos/gallery?g=3140

7月25日にインディアナポリス・モータースピードウェイで行われたスーパースピードウェイ用エアロキットに続いてJPモントーヤがシボレーエンジン搭載車をテストし、Oセルビアがホンダエンジン搭載車をテストしました。

モントーヤは「新型エアロはセッティングの幅が広くピーキーではないが、ダウンフォースがかなり減らされてスライドしやすい。そこが長所になっている。ドライバーが忙しくステアリンス操作してレースカーをコントロールしている様子やレースカーの挙動がよりわかりやすくなる。ミスする確率も高くなってより順位争いは増える。」とコメントしています。

ダウンフォース量は現行シャシーの3分の2に減少し、コーナーリング中のコントロールがより難しくなるとされています。

セルビアは「ダウンフォースが高ければ、レースカーの挙動は安定し、ドライバーの仕事が外からは見えづらくなる。しかし、ダウンフォースが減ればその分ドライバーの仕事は増え、レースカーの動きは激しくなる。当然ファンからはより動きが見えて楽しいだろうし、ドライブする方も楽しくなる。」とコメント。

テスト序盤は各パーツが設計通りに機能するかが細かくチェックされました。その後、サイドポッド内の冷却機能が正しく働くかがチェックされ、最後にロングランのテストが行われました。

モントーヤとセルビアはそれぞれ100周以上を走行し、レースカーの出来には満足しています。

セルビアは「今年のデトロイトのレースではスローコーナーですら全然前に近づけなかったが、新型エアロはダウンフォースはへってもバランスが取れている。去年のレースカーはリアのダウンフォースがだいぶ失われたが、今年はフロントのダウンフォースがより減少するが感じとしては悪くない。」と高くしています。

今後は8月10日にアイオワスピードウェイでショートーバルでのテストが予定され、その後は9月26日にセブリングインターナショナルレースウェイでストリートレース想定のテストが行われる予定です。