【速報】佐藤琢磨選手は2018シーズンはレイホールレターマンラニガンへ

2017年09月20日


============================================
2017年インディ500チャンピオンの佐藤琢磨が
レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングと契約締結
============================================

2017年9月19日、アメリカ・インディアナ州ブラウンズバーグ発。レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLL)は本日、今年のインディ500チャンピオンである佐藤琢磨が2018年よりチームに復帰することを発表します。琢磨は2012年にもチームに在籍、インディ500の最終ラップでダリオ・フランキッティと激闘を演じたことでも知られています。

かつてCBSレイトショーのホストを務めていたデイヴィド・レターマン、Mi-Jackの共同オーナーであるマイク・ラニガンとともに、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの共同オーナーを務めるボビー・レイホールは次のように述べました。「琢磨がチームに戻ってくれることを心から喜んでいます。私は彼のスピリット、そして様々なことへのアプローチにかねてより敬服していたので、今年のインディ500で優勝したときには自分のことのように嬉しく思いました。彼がチームに復帰するという好機は、とても見過ごせるものではありません。琢磨とグレアムはきっとうまくやってくれるはずで、ふたりは2018年のどのレースでも勝てるくらい強力なマシーンを手に入れるでしょう。これにより、チームはいつも優勝争いが演じられるようになるほか、ふたりのドライバーにとってはこれまでで最高のシーズンになると期待されます。このことに私は本当にワクワクしていて、まだ2017年シーズンが終わったばかりだというのに、2018年シーズンの開幕が待ちきれない気持ちです」

■佐藤琢磨のコメント
「レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに戻ってこられて、本当に嬉しく思っています。ボビー、デイヴ、マイクの3人は、これまでもいつも僕を応援してくれました。過去数年間、チームは驚くほどコンペティティブでした。2018年にこのチームの一員となることが待ちきれないような思いです。きっと、僕たちは一緒に素晴らしいことを達成できるはずです」

■佐藤琢磨について
東京出身の佐藤琢磨は、2010年にデビューして以来、インディカー・シリーズの135戦に出走しました。キャリアのハイライトは2017年インディ500での優勝と、2013年ロングビーチGPでの優勝です。くわえて表彰台獲得は6回、ポールポジション獲得は7回で、これまで通算471ラップをトップで走行しました。インディカー・シリーズ参戦以前は2002年から2008年までF1世界選手権に90戦出場。2003年のアメリカGPでは表彰台を獲得しています。RLLに在籍当時、琢磨のベストフィニッシュはサンパウロでの3位とエドモントンでの2位で、いずれも当時の彼にとってはキャリア・ベストの成績でした。

■レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングについて
オハイオ州ヒリアード、そしてインディアナ州ブラウンズバーグに本拠を構えるレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングは、インディカー・シリーズで3回チャンピオンに輝き、1986年にはインディ500を制したボビー・レイホール、それにCBSレイトショーのホストを務めていたデイヴィド・レターマン、Mi-Jackの共同オーナーであるマイク・ラニガンの3人が共同オーナーを務めています。2017年、チームは26シーズン目となるオープンホイール・レースに参戦。すでに挙げている23勝─これには2004年のインディ500でバディ・ライスがポール・トゥ・フィニッシュを果たした際の栄冠が含まれています─、29回のポールポジション獲得、91回の表彰台獲得、1992年のシリーズ・チャンピオンなどに加わる、新たな栄冠の達成を目指しました。チームは2009〜2013年にBMWチームRLLとしてアメリカン・ルマン・シリーズにも参戦。2010年にはGTカテゴリーでマニュファクチュアラー選手権とチーム選手権を制したのに続き、2011年にはマニュファクチュアラー、チーム、ドライバーの3タイトルを手に入れました。2012年はチーム選手権で2位、マニュファクチュアラー選手権で3位。2013年はドライバー、チーム、マニュファクチュアラーの各選手権でいずれも2位となります。2014年、BMWチームRLLはユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップのGTLMクラスに転向。2台をエントリーし、6回の表彰台(うち4回は2位フィニッシュ)を獲得しました。2015年、チームは3勝、ポールポジション2回、表彰台8回を達成し、マニュファクチュアラー、チーム、ドライバーの各選手権で2位となりました。2016年、BMW M6 GTLMでシリーズに挑むBMWチームRLLは、2回のポールポジションと3回の表彰台を獲得。これでチームは通算13勝、22回のポールポジション、60回の表彰台を手に入れたことになります。2017年シーズンは2勝と表彰台5回を獲得しています。

(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのプレスリリースより)

レースをさせずにレースをさせたチームペンスキー

2017年09月20日



【ペンスキー勢予選TOP4独占】

3点差でポイント2位につけるSディクソンを最大限に警戒していたチームペンスキーでしたが、予選が終わってみるとポイントリーダーのニューガーデンがポールポジションをとった上でTOP4を独占。琢磨選手を挟んでディクソンは予選6番手となったので、タイトル獲得に関しては大きく前進する状況となっていました。

【パジェノー陣営が4ストップ作戦に】
そんな中で、予選3位でポイント4位につけていたSパジェノー陣営はたとえ最終戦を優勝したとしてもニューガーデンのタイトル獲得はほぼ確実と分析したのか4ストップ作戦を選択。

決勝でもパジェノーは13周のフューエルウインドウよりもタイミングが早い11周目に1回目のピットインを実行。我々はその作戦が最初はわからずにトラブルかと思いました。

【3スティント連続レッドタイヤでタイムを稼ぐパジェノー】

その後パジェノー陣営はロングスティントを最後に残して、そこから3スティント連続レッドタイヤでとにかくクリアラップでタイムを稼ぐことを無線で指示。それを受けたパジェノーはピットアウト早々の13周目に自己ベストをマークするハイペースで走行。

ニューガーデンらトップ勢がピットインするとパジェノーはニューガーデンの5秒も前に出ることに成功。
3回目のピットストップストップまでに26秒のリードを築いて、ニューガーデンと同じ残り1ストップのところで5秒差の2位に浮上。

【ラストピットでニューガーデンとサイドバイサイドに】
そして、最後のピットストップはニューガーデンの後に入ったパジェノーがニューガーデンの鼻先に戻るという状況で、ヘアピン立ち上がりではついに2台はサイドバイサイドのバトルに。


結局はニューガーデンはピットからの指示通りに無理をせずにパジェノーはそのままトップでフィニッシュしニューガーデンは2位フィニッシュでチャンピオンタイトルを手にしました。

【最後の花はパジェノーに?】
パジェノーのアウトラップでニューガーデンは「本当は抜けるんだぞ」とパジェノーにメッセージを送りつつ、そのままポジションキープしたのかもしれません。

ゲートウェイでいざこざのあった二人したが、ここはパジェノーにも花を持たせつつ、確実にニューガーデンにはタイトルを取らせるという実にうまいペンスキーの作戦だったと思います。