みんなが(独断で)選ぶ2017シーズン名シーン⑧

2017年12月28日



クリーミーさんが選んだ
「ゲートウェイでニューガーデンがパジェノーを抜いたシーンとレース後のパジェノーの表情」

シーンズン残り3レースで最後のオーバルレースとなったゲートウェイ。ポイントリーダーのニューガーデンは予選2位。26点差でポイント4位につけるパジェノーは予選4位という天王山。

ポールスタートだったWパワーはオープニングラップでクラッシュDNF。一方でレースを席巻したのはポイントリーダーのニューガーデン。

しかし、ラストピットで逆転トップに立ったのは起死回生を狙うパジェノー。


追いかけるニューガーデンは残り31周でチームメイトに対して強引ともいえるオーバーテイクでラップリーダーの座を奪還。レース後のインタビューでは割と穏やかだったパジェノーでしたが、かなり怒り心頭のようでした。

みんなが(独断で)選ぶ2017シーズン名シーン⑦

2017年12月28日



金目鯛さんが選んだ
ワトキンスグレンでの、メディア対抗ロードスター耐久レースのコーナーの締めで武藤選手が言った「GAORAの人って我慢のレースってみんな言うなぁ」

メディア対抗ロードスター耐久レースは4時間の長丁場をたった60リッターの燃料で完走しなければならないという”超我慢のレース”。みんなが我慢して飛ばさずにレースしていました。

伝統の鈴鹿1000キロで優勝した松浦プロにつづいて、武藤選手には2018シーズンにスーパーGTでの我慢のない走りでの優勝に期待したいと思います。