コナー・デイリーが米空軍と共にインディ500に参戦

2018年03月07日



コナー・デイリーは第102回インディ500にデイルコインレーシングからアメリカ空軍のサポートを受けて参戦することになりました。

インディアナ出身で26歳のコナー・デイリーは昨シーズンはAJフォイトレーシングからフル参戦しゲートウェイでの5位フィニッシュがシーズン最上位でした。一昨年はデイル・コインレーシングからフル参戦してデトロイトで2位フィニッシュしています。

AMRがセーフティーチームの新たなスポンサーに

2018年03月07日



モータースポーツの世界ではどのシリーズよりも早く専属のセーフティーチームを擁していたインディカーですが、今シーズンからは救急搬送における最大企業のアメリカン・メディカル・レスポンスがセーフティチームのスポンサーになることが発表されました。

今後はAMRインディカーセーフティチームとしてインディカーシリーズ他、ロードトゥインディの各レースで活動を行います。

セーフティーチームは平均20年以上もの経験を持つ医師、看護師、救急救命士、消防士たちが30人ほどによって構成され、すべてのインディカーの公認レースに帯同して、その活動を行っています。

昨年までは油圧機器メーカーのホルマトロがメインスポンサーをしてきましたが、救助機器、油圧機器の提供はこれまで通り継続します。

ハーディングレーシングがペイントスキームをお披露目

2018年03月07日



今シーズンからインディカーシリーズにフル参戦を開始するハーディングレーシングはギャビー・チャベスがドライブする#88の新しいペイントスキームをお披露目しました。

チームは2017年に結成されギャビー・チャベスがインディ500(9位)、テキサス(5位)、ポコノの(15位)3レースで出走し、なかなかの好成績を残しています。

チームはインディアナポリスモータースピードウェイ近くにあったサラ・フィッシャーレーシングの設備を購入してさらにスタッフを雇い入れて2018シーズンののフル参戦に備えてきました。

ハーディングレーシングはかつてビジョンレーシングでチームマネージャーを務めたラリー・カリーがマイク・ハーディングと共に設立したチームで、チャベスの才能を見抜いてドライバーとして抜擢し、そのアドバイザーにはアル・アンサーJr.を迎えています。

そして、チーム代表には昨年までインディカーシリーズでレースディレクターを務めてきたブライアン・バーンハートをヘッドハンティングしてチーム体制強化を図っています。

ハーディングレーシングのプロモーションビデオはこちらでご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=87&v=dturWUoZFhI