【プレスリリース】レーサー鹿島、米国レースに再挑戦 ~今週末、テキサスで開幕~

2018年03月22日



【レーサー鹿島プレスリリースより】
レーシングドライバー、マルチプロデューサーのレーサー鹿島は、2018年、マツダが米国で開催するレースシリーズ『GLOBAL MX-5 CUP』にフル参戦する。『GLOBAL MX-5 CUP』は、マツダMX-5(日本名:ロードスター)のレース仕様車によるワンメイクレースで、イコールコンディションの同一車両を使用するため、チームのノウハウやドライバーの技量が勝敗を左右する。米国シリーズ(全12戦)のチャンピオンには、マツダから上位レースへのステップアップのためのスカラーシップ(奨学金)20万ドルが贈られ、10月には「世界一決定戦」が開催される。所属は、昨季、ポールポジションや表彰台を獲得している有力チームの「コプランド・モータースポーツ」。

レーサー鹿島は、1995年、レーシングカートでチャンピオンを獲得後、トヨタ系チームから「フォーミュラ・トヨタ」、「全日本F3」、「スーパー耐久」等に出場、2001年には「インディ500」参戦を目指して渡米、2004年にはその直下のクラス「インディ・ライツ」に初出場、デビュー戦ながら予選4位から優勝争いを展開した。その後、リーマンショックの影響等で挑戦を中断し日本へ復帰、昨年は「全日本EV-GP」(電気自動車レース)でクラス全勝、総合2位を獲得した。今季、10年ぶりにアメリカンモータースポーツに再挑戦する。

「10年前に米国での挑戦を中断して以来、常に心のどこかに引っかかっている想いがありました。佐藤琢磨選手の活躍や様々なスポーツでの日本人選手の活躍を見ながら、もう一度、“夢”に向かって挑む気持ちが高まり再挑戦を決意しました。また、50歳を目前にした自分の挑戦が、クルマやモータースポーツならではの魅力やエネルギーを伝える一助になればと思います。」(レーサー鹿島)

<レーサー鹿島>
レーシングドライバー活動の一方で、TOKYO FMをはじめとする放送局でのアナウンサー、プロデューサーを経て、ジャンルを超えたマルチプロデューサーとして活動。一流企業や有名ブランドの新規ビジネスモデル、異業種間コラボレーションの構築等を手掛ける。近年、持続的な社会貢献につながるビジネスの新しい仕組みの考案にも尽力する。パーソナリティを務めるFM『Driver’s Meeting』は20周年を迎えた。1968年生。

〇レーサー鹿島Blog(セレブリティライフスタイルマガジン『OK! JAPAN』内)
http://www.okjapan.jp/blog/racerk/
〇年間スケジュール
https://www.mx-5cup.com/schedule(ネット生中継、ライブタイミング他)
○開幕戦ライブストリーミング
https://mx-5cup.com/news/global-mx-5-cup-announces-livestream-for-season-opener



レーサー鹿島さんがGLOBAL MX-5 CUPにフル参戦

2018年03月22日

すでに開幕戦でお伝えした通り、インディカー中継でコメンタリーも務めるレーサー鹿島さんがアメリカのGLOBAL MX-5 CUPにフル参戦します。

チームはメリーランド州に拠点を構えるコープランド・モータースポーツで、チームオーナーのディーン・コープランドも自らステアリングを握り、去年は3イベント6レースに参戦してロードアメリカで3位表彰台に立っています。

チームはGLOBAL MX-5 CUP以外にもツーリングカーレースの「ピレリワールドチャレンジ」のTCRクラスに参戦。マイケル・アンドレッティの従兄弟のジョン・アンドレッティの息子のジャレット・アンドレッティがTCRクラスに参戦しています。

「日本からの参戦を歓迎します。日本製のレースカーに日本のドライバーが乗ってレースに挑戦することに非常に大きな意義を感じます。これをきっかけにレースシリーズはさらに世界からの注目を集めるようになるでしょう。」とチームオーナーのディーン・コープランドは語っています。

開幕戦のスケジュールは以下の通り。

3/23/
8:00 AM-8:30 AM  Practice #1
3:05 PM-3:45 PM  Practice #2

3/24
8:00 AM-8:20 AM  Qualifying
2:30 PM-3:15 PM  Race #1

3/25
9:00 AM-9:45 AM  Race #2

ライブタイミング
https://www.mx-5cup.com/results/live-timing

ライブストリーミング映像
https://mx-5cup.com/news/global-mx-5-cup-announces-livestream-for-season-opener

GLOBAL MX-5 CUPが開幕 

2018年03月22日



今週末からテキサスのオースティンにあるサーキットオブジアメリカ(COTA)でGLOBAL MX-5 CUPが日本のシリーズよりも一足先に開幕します。

インディカーの公認レースとなって今年で2年目を迎え、シリーズチャンピオンにはマツダスカラーシップの20万ドルが与えられ、ルーキーオブザイヤーには7万5千ドルが与えられます。

今週末は週末に2レースが開催され、8人のルーキーを含む32人がエントリー。日本からはGAORA SPORTSのインディカー中継でコメンタリーも務めるレーサー鹿島さんがフル参戦します。

レースカーは現行のマツダ・ロードスター(MX-5)の北米仕様車がベースで、指定部品のみを使用したレース専用車両のコンプリートモデル(約6万ドルで販売)を使用します。タイヤはBFグッドリッジのスリックタイヤを使用します。

1イベントは2レースで構成され、2レースとも1回の予選でグリッドを決定します。決勝レースは45分間で、フルコースイエロー中もレースタイムは続行されます。

今シーズンは6イベント12レースを開催。そのうちの4イベント8レースはインディカーのサポートイベントとして開催されます。10月にはアメリカで世界一決定戦が行われ、日本のMX-5 CUPのシリーズのチャンピオンも招待されることになっています。

https://mx-5cup.jp/
https://mx-5cup.com/