IMSオープンテスト 琢磨選手はコンディション待ち

2018年04月30日



今回のオープンテストは各車タイヤが4セット支給されます。
ターン3とターン4などトラックの一部のバンプがグラインダーで削られたために、その部分がまだかなりダスティーなので琢磨選手とグラハムはしばらく様子見で待機となります。

まもなくオープンテスト開始

2018年04月30日



インディアナポリスにモータースピードウェイ到着。快晴ですが気温14度で肌寒いです。

現地30日月曜日オープンテストは2セッションで行われ、ライブストリーミングされます。
http://racecontrol.indycar.com/
https://www.youtube.com/indycar

プラクティス1

10:00~12:00 (日本時間23時~1時)
プラクティス2
13:00~17:00(日本時間深夜2時~朝6時)


インディ500チャンピオンは丸々1年間祝福され続ける

2018年04月30日



インディアナポリス空港内のそこかしこにある琢磨選手の写真を見て痛感しましたが、インディ500で優勝すると丸々1年間スポットライト浴び続けるということになります。

いかなるカテゴリーのシリーズチャンピオンでもここまで長期間の特別待遇は無いでしょう。インディ500の特別性を改めて思い知らされます。

1911年の第1回開催から続く、1年に1回だけの特別なビッグレース開催という趣旨は非常に当たっていると思います。日本でも年一のビッグイベントを開催してヒーローを生み出したいところです。

空港内のINDY500のプロモーションも年によってはメインはレースシーンの写真だったりするのですが、今年の琢磨選手がミルクをがぶ飲みするシーンは強烈にインディ500を象徴していると思います。

今回のインディアナポリスモータースピードウェイでのオープンストは月曜日1日だけなので、火曜日はスピードウェイすぐ近くのダラーラのファクトリーの見学コースと「SATO St.」を見に行きます。

インディアナポリス空港は琢磨祭りに!

2018年04月30日



まずは上の写真。
飛行機を降りてボーディングブリッジの床カーペットにいきなり琢磨選手登場!”踏み絵”状態で思わずお顔を踏みそうに!

そして、ターミナル内のムービングウォークにも琢磨選手の写真。


そして、空港ターミナル出入り口のドアにも琢磨選手の写真が・・・。
思わず琢磨選手本人もびっくり。


飲みっぷりがいいからあの写真は絵になりますね。
インディ500チャンピオンの神通力はさすがです。
この雰囲気は今年しか味わえません。

Back Home Again in Indiana

2018年04月30日



インディアナポリス空港へのアプローチ。

いつもの南西よりの風の場合はスピードウェイ上空を掠めるように通過して真っ直ぐストレートインして着陸しますが、今日は冷たい北東よりの風なので、ダウンウインドレグから回り込んでの着陸に。

なので、今回は眼下に眺められるはずのスピードウェイははるか向こうに。
空港とスピードウェイが1枚の写真に収められるのも珍しいケースです。