デービソンがAJフォイトwithバードからインディ500参戦

2018年04月14日



31歳のオーストラリア人のジェイムス・デービソンは第102回インディ500にAJフォイトwithバード・ホリンガー・ベラーリから参戦することを発表しました。

デイビソンは昨年のインディ500では予選中のクラッシュで負傷したSブルデイに代わって#18を急きょドライブ。最後尾の33番グリッドからスタートして2周のラップリードを奪うものの、20位フィニッシュに終わっています。

フォイトとバードのコラボレーションは1994年のインディ500以来で、この時はジョン・アンドレッティがドライブして史上初のインディ500とNASCARのコカコーラ600の”ダブル”を達成しました。

これまでインディカーレースで5回出走しているデービソンは1994年にジョンが乗ったのと同じカーナンバー33で走ります。

モータースポーツジャパン

2018年04月14日



土日の2日間で行われる予定だったモータースポーツジャパン2018は日曜日の荒天予報のために、土曜日のみ開催となりました。

一部イベントは中止になりましたが、松田さんのところのイベントはどうだったでしょうか?

松浦プロは後輩の伊沢拓也選手や山本尚貴選手にいじられつつもメーカー対抗カート大会で3位フィニッシュ。トークショウなどでも大活躍?だったようです。

本当は日曜日は武藤英紀選手が登場する予定でしたが、金曜日夕方には中止が発表されていたので、今日は今頃はどこかで飲んだくれていることでしょう。

日曜日の午前中は雨量こそ多くないものの、低気圧と前線通過の影響で、台風並みの強風となることが金曜日から確実視されていました。

会場内は仮設テントが多いために、強風になると安全性の確保に問題が生じるのが中止となった主な理由のようです。

金曜日には会場周辺の東京港に向けて、以下の予報がすでに出されていました。

2018/4/13 17:00
第三管区海上保安本部 発表
低気圧に伴う注意喚起について
 
気象庁によれば、低気圧から延びる前線の影響により、東京地方では、明後日15日(日)の未明から夜遅くにかけて、南寄りの風が強まり、平均風速18メートル、最大瞬間風速30メートル、波高2.0メートルに達する見込みです。
強風・高波に対して厳重に警戒するとともに、最新の気象情報を入手し、走錨対策の強化を始めとする十分な海難防止、工事・作業の中止基準の遵守等、安全確保に万全を期すようお願いします。

平成30年4月13日1700
東京海上保安部長


平均風速18mは一般的な工事作業の中止基準(平均風速15m)を上回る強さです。ましては東京湾内で波高2mは異常事態です。