ヘンリー・ボック先生が逝去

2018年05月31日



モータースポーツ界での安全技術と医療技術の権威で、長らくインディアナポリスモータースピードウェイ(IMS)とインディカーのメディカル部門でシニアディレクターを務めてきたヘンリー・ボック先生が5月26日にインディアナポリスで亡くなりました。81歳でした。

ボック先生はメソジスト病院とシドニー&ルイス・エスケナジー病院で救急医療の専門医として勤め、1982年から2006年までIMSのシニアメディカルディレクターを担当。それと同時に1996年から2006年までインディカーシリーズの全戦に帯同し、2007年以降もIMSとインディカーの医療コンサルタントを務めてきました。

ボック先生はこれまでに多くのドライバーを診察し、そのレースでの医療活動はインディカーシリーズにとどまらず、北米でのモータースポーツの医療体制にに革新的な変化をもたらしました。

その功績の一つがSEFARバリアー(衝撃吸収バリアー)で、2002年にIMSに設置されて以来、ツインリンクもてぎを含む全米のオーバルトラックで導入され、クラッシュでのリスクが劇的に改善されました。

ボック先生はインディアナ大学医学部の出身で、レースでの医療活動の原点は1979年に公開されたポール・ニューマン主演の「レーサー(Winning)」がIMSで撮影される際に医療スタッフとして従事したことに始まります。

大学卒業後の1970年にインディアナポリスのメソジスト病院に就職。救急医療を担当し、1979年に設立されたヘリコプターによって救急患者を搬送するLifeLine Air Medical Transport Service の設立に尽力しました。

1970年代後半にはUSACのチャンプカーシリーズにIMSのアシスタントドクターとして帯同するようになり、以来、IMSで医療スタッフを担当するようになりました。

合わせて長らくモータースポーツ界での医療体制と安全技術向上を目指す、国際モータースポーツ科学学会のメンバーを務めてきています。

【MAZDA Road to INDY】最後はメカニカルトラブルで終わったカイル・カイザー

2018年05月31日


https://youtu.be/URUBNuqvoA8

去年のインディライツでチャンピオンとなり、100万ドルのマツダスカラーシップを手にして今年のインディ500に参戦したカイル・カイザー。

予選は17位で佐藤琢磨選手の横にグリッドを獲得するなど順調な所を見せてきましたが、決勝レースではピットでのアクシデントなどもあってドライブスルーを科せられて周回遅れとなり、さらにはメカニカルトラブルに見舞われて110周のところでレースカーを降りています。

カイザーはレース後に「多くのことを学べた5月でした。予選結果も良くいいスタートが切れましたが、残念ながらピットでアクシデントを起こしてしまって周回遅れになり、その後もレースを続けましたがメカニカルトラブルに見舞われてしまいました。この機会をくれたチームや皆さんに感謝しています。」とコメントしています。

【第102回インディ500】 今年のフライオーバー

2018年05月30日



当初の予定よりも国家独唱は3分半も遅れました。

一応、ステルスB2爆撃機が飛んでくる映像がありましたが、これはもしかしたらLIVE映像ではなかったかもしれません。

普通は地上の風景からパンアップしたりしますが、今回は地上は映さずに寄りの映像だけでした。
現地に行かれた方、いかがだったでしょうか?

ペンスキーのピットでの暑さ対策

2018年05月29日



今年のインディ500は史上最高気温となる34度にもなりましたが、その対策としてチームペンスキーはピットにポータブルエアコンを持ち込んで常に冷気を吹き出すようにさせていました。

インディカーのピットに屋根は無く、ピットクルーはファイアースーツを着た上で、レース中にずっと直射日光にさらされるので、冷気の吹き出し口に顔や手をあてたり、スーツの中に冷気を導入させたりできるようにしたとのこと。

これで、ピットでのミスを減らそうという意図があったようです。ピットクルーに対しての暑さ対策を行ったのはチームペンスキーだけだったそうです。

生放送時にはABCのピットリポートの頭を聞き逃したので、具体的にどのような暑さ対策をしているのかがわかりませんでしたが、あとから聞き返すと、そのような言う情報でした。

映像でそのポータブルエアコンを探してみましたが、特定できませんでした。

ディクソンの二の舞になりかねなかった琢磨選手のクラッシュ

2018年05月29日



去年のインディ500でSディクソンがJハワードに衝突したケースに似てます。

ハワードはだいぶインに切り込んできましたが、デイビソンもラインから外れていたところから戻ってくる形になりました。

ディクソンも「どちらに逃げようか迷った」と言っていましたから、ターンでステアしている間は回避動作にも制約が出てしまい避けるのは難しいのでしょう。


ディクソンはハワードの角度が悪かったこともあって乗り上げてしまいましたが、琢磨選手のケースもノーズが浮き上がってしまい、危ないところでした。

インディカーは1秒間に100m以上走ってしまうので、あまりにも速度差があるレースカーが前方にいると避けられないケースがたびたびあります。

今回はデイビソンと出会った場所とタイミングが最悪でしたね。