シカゴ到着、成田行きに乗り換え

2018年05月02日



シカゴ・オヘアー空港に到着。ここからANAの成田行きに乗り換えです。

以前にシカゴランドでレースがあった時は巨大なシカゴ・オヘアー空港を避けて、シカゴ・ミッドウェイ空港ばかりを使用していたので、オヘアー空港に来るのは10年ぶりくらいになります。

また、このミッドウェイ空港がスーパーワイルドな空港で、超密集住宅地のど真ん中の1マイル四方が空港になっていて、滑走路先端と市街地は壁1枚で隔てられているだけです。
着陸時は民家の屋根を掠めて着陸します。

wikipediaより

一方でシカゴ・オヘアーー空港は相変わらず広大で、乗り継ぐのにターミナル内を1キロくらいは歩いた感じです。

シカゴは中部時間なので、1時間時間が戻ります。


インディアナポリス空港内の公式スーベニアショップ

2018年05月02日



インディアナポリス空港の到着ロビーにはインディアナポリスモータースピードウェイの公式ショップがあります。

そのお店のマネージャーのデイビッドさんは軍に従事していた時に6年間長崎の佐世保に住んでいたことがあるとのことで日本びいきで琢磨選手の大ファンです。来週はスピードウェイで琢磨選手に漢字のサインをもらいに行くそうです。

デイビッドさんとは知り合って10年くらいになりますが、私が帰国時にお店に寄った時に日本人だということでデイビッドさんから話しかけてきました。

空港に着くと、お店に立ち寄ってデイビッドさんに挨拶に行くのがルーティンとなっています。

空港チェックインカウンターもレース仕様に

2018年05月02日



今回は訳があってユナイテッド航空にチェックイン。インディアナポリス空港のチェックインカウンターもレース仕様にデコレーションされてインディ500の雰囲気を盛り上げています。


帰りはシカゴ経由で成田へ。シカゴ・オヘアー空港は10年ぶりくらいです。

パッキング完了

2018年05月02日



預け入れ用のキャリーバッグには分解した三脚、マイクケーブル、一脚、スキャナー類、衣類などを詰め込みます。今回は牛乳瓶3本も先に購入。

そして、機内持ち込みの20インチキャリーバッグにはカメラ一式、照明などを入れます。


その2つを連結して、パソコンが入ったショルダーバッグをハンドルに串刺しにして、一人で引っ張ります。

SATO Street はここだ!

2018年05月02日



サトー・ストリートに行ってきました。

標識の場所はダウンタウンど真ん中のモニュメント-サークルの北側に接する教会の前です。
メリディアン・ストリートがサトー・ストリートになっています。



駐車場は付近に有料駐車場がたくさんあります。