【続報】ウィッケンズ、インディアナポリスに移送される

2018年08月31日


ペンシルバニア州アレンタウンのリーハイバレー病院に収容されていたロバート・ウィッケンズは現地30日にインディアナポリスのメソジスト病院に移送され、間もなく下肢の外科手術が行われる予定です。

あす9月1日は筑波サーキットにGO!

2018年08月31日



明日、9月1日に茨城県の筑波サーキットで開催される「第29回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」にGAORA SPOTSチームが参加します。

カーナンバーは500で、ドライバーラインナップは以下の通り。
松田 秀士(GAORAコメンタリー レーシングドライバー)
菰田 潔 (モータージャーナリスト)
金井 亮忠 (日本自動車大学校講師)
猪爪 杏奈 (レーシングドライバー)

【スケジュール】
10:15~10:45 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース(公開練習)
12:45~13:05 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース(予選)
16:00~20:00 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース(決勝4時間)

【入場料】
◇入場無料
◇パドックパス:2,000円(当日販売のみ / 中学生以下無料)
◇一日駐車券:2,000円(当日販売のみ / 二輪・四輪共通)

詳しくはこちらの公式ページへ。
http://www.media4tai.com/

明日も多分ひどい夕立だろうなあ・・・。

ポートランドオープンテスト

2018年08月31日



現地木曜日にポートランドインターナショナルレースウェイでオープンテストが行われ、25台が参加しました。

2時間半のセッションが2回設けられ、トータル98周して58秒3593を記録したSディクソンがトップ。

これまでの予選でのトラックレコードは2007年にJウィルソンが記録した57秒597。

佐藤琢磨選手は92周を走り、58秒9552で13位でした。

チャンプカー時代に5回出走し、2004年と2007年に優勝しているSブルデイは「以前よりもコース幅が以前よりも、ものすごく狭くなったような感じがする。これまではポートランドは最もコース幅が広いと思っていたが、今は一番狭く感じる」と新しいレースカーで走るポートランドは大きく印象が変わったことをコメント。

2002年に出走しているSディクソンもブルデイのコメントに同意しています。
「レースカーも違うし、コースの路面もコース自体も全く違う。新しい別のレーストラックに来た感じがする」とコースの印象を述べています。

2007年シーズン終了後にコース改修が行われ、全面的に舗装がし直されて、ターン4からターン7までのコース幅を増やし、ターン7をよりRのきついものに変更しています。

オープンテスト・セッション①リザルト
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2018-08-30/indycar-results-p1%20test.pdf

オープンテスト・セッション②リザルト

http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2018-08-30/indycar-results-p2-test.pdf

オープンテスト・最終リザルト
http://www.imscdn.com/indycar_media/documents/2018-08-30/indycar-results-pcomb-p2-test.pdf

昨日お伝えしたオープンテストの映像ライブストリーミングは無くLTのみでした。訂正しておわび申し上げます。

ポートランドでのオープンテストを今夜ライブストリーミング

2018年08月30日



現地8月30日にポートランド・インターナショナル・レースウェイで行われるオープンテストがライブストリーミングされます。

http://racecontrol.indycar.com/
youtube.com/indycar
※LTだけの配信で映像は無いようです。

オープンテスト・セッション①
現地10:15-12:45 (日本時間 深夜2:15-4:45)

オープンテスト・セッション②
現地3:25-5:55 (日本時間 午前7:25-9:55)

タイヤは1台につき4セット支給されます。

【MRTI】USF2000初優勝を狙うフラガ選手

2018年08月30日



インディカーシリーズへのステップアップシリーズの入門クラスに当たるUSF2000シリーズ。今週末のポートランドでのダブルヘッダーレースでシリーズ最終戦となります。

現在ポイント3位につけるのが日本の金沢市生まれの19歳のブラジル人、イゴー・フラガ選手。

12歳まで金沢で過ごしてレーシングカートに参戦。2014シーズンからブラジルに渡ってブラジルF3ライト選手権に参戦していました。2017シーズンは16レース中10勝を挙げてシリーズチャンピオンになっています。

今シーズンからはスカラーシップ獲得を目指して北米に活躍の場を移してUSF2000シリーズに参戦を開始。Exclusive Autosport で#91をドライブし、ここまで12レースを終えて2回の2位フィニッシュと10回のTOP10フィニッシュを記録してランキング3位。

現在ランキング2位とのポイント差は6点で、ラスト2レース次第ではランキング2位にアップするチャンスが残されています。

「とにかくベストを尽くして優勝したい」と意気込むフラガ選手は、お父さんがメカニックを務め、ここまで二人三脚でレース活動をしてきました。

「USF2000のレベルは高くて簡単には上位フィニッシュできません。限られたレース資金の中で最大のパフォーマンスを見せて、来年のフルシーズン参戦につなげていきたいです」と初優勝とランキング2位への意欲を見せています。