何か特別な作戦

2018年08月01日



アンドレッティオートスポーツのCOOでアレクサンダー・ロッシのストラテジストを務めるロブ・エドワーズ。かつてはシュミットピーターソンでチームディレクターを務め、パジェノーと共に2勝を挙げています。

ポイント3位でミッドオハイオに乗り込んだロッシはチャンピオン争いでディクソンに追いつくためには「ディクソンと同じことをやっていてはだめで”何か特別なこと”をやる必要がある」とエドワーズは考えていました。

その何か特別な作戦は土曜日の夜にエドワーズとロッシと担当チーフエンジニアのジェレミー・マイルズらで打ち合わせを行い、2ストップ作戦の可能性と有効性をロッシに説明。

もしスタート後に目標MPGをクリアしつつトップをキープできた場合は2ストップ作戦を敢行するという内容でした。

ロッシは目標MPGでリードを守る走りができるかどうか確証が無いままレースを迎えたものの、実際にレースがスタートすると計画通りの走りをして見せ、チームは2ストップ作戦で行くことを決定しました。

最終的にロッシは90周のレースで12秒8285の差をつけてトップでフィニッシュ。トータル200秒のオーバーテイクアシストシステムも126秒が残されていました。

その結果、62点のマージンでポイントをリードしていたディクソンに対して、ロッシはポイント3位から2位に浮上したうえでその差を46点に縮めました。

好評だったミッドオハイオ

2018年08月01日



先週のミッドオハイオでのレースはノーコーションで延べ114回のポジションチェンジがありました。

ディクソン対ロッシのバトルやブルデイによる20台抜きなど見どころ豊富でレースファン、関係者ともに好評でした。

ベテランジャーナリストのロビン・ミラー氏は12秒のリードでレースは幕を下ろしたものの、今回のレースはミッドオハイオ史上ベストのみならずロードコースレースでのベストレースだったと評価しています。

その他にSNSでは今回のレースを堪能したファンの様々な声がアップされています。
https://www.indycar.com/News/2018/07/07-30-Fans-love-Mid-Ohio-racing